このページの先頭です

商店街空き店舗登録

最終更新日 2021年4月9日

商店街空き店舗登録とは

商店街が空き店舗所有者等の理解を得ながら、空き店舗対策に取り組む場合に、その商店街のニーズに適う業種を把握した上で、空き店舗の情報を登録する制度です。
登録された店舗は、商店街内の空き店舗で開業を検討される方に向けて掲載し、広く募集します。(商店街空き店舗活用事業【登録店舗開業枠/開業支援枠】

登録できる店舗

横浜市内の商店街の区域に所在し、店舗として賃貸できる状況にありながら商業活動が3か月以上行われていない店舗で、次の各号すべてに該当するもの。
(1) 当該商店街の主要な道路または通路に直面している建物の店舗
※当該商店街の主要な道路または通路から営業状態が確認できない場合は、対象外となります。
(2) 百貨店、駅ビル等大型商業施設のテナント型店舗でないもの

登録までの流れ

申請できる方

商店街団体

申請の流れ

1.商店街として空き店舗対策に取り組むという合意形成をし、商店街として必要な業種等を把握します。
2.空き店舗の所有者に、店舗を貸す意思があるかを確認します。
3.所有者に貸す意思があると確認できた場合、横浜市へ商店街空き店舗情報登録申請書を提出します。
  商店街空き店舗登録申請書(ワード:25KB)(第1号様式)
※横浜市で内容を確認させていただいたうえ、登録し、登録店舗一覧へ掲載します。登録できない場合もございますので、予めご承知おきください。

ご注意

提供いただいた情報は、商店街において管理をお願いします。
空き店舗情報の内容変更があった場合、削除する場合は、速やかに横浜市へ商店街空き店舗登録内容変更等届出書を提出してください。
商店街空き店舗登録内容変更等届出書(ワード:18KB)(第3号様式)
登録店舗で開業したいという方の現地案内等を随時お願いすることになります。

商店街団体の方へ

空き店舗登録申請時に商店街空き店舗活用事業奨励金交付申請書(ワード:20KB)(第1号様式)をご提出ください。
※商店街店舗誘致事業補助金交付要綱に基づく補助金の交付を受けた商店会は除きます。
横浜市商店街空き店舗活用事業奨励金交付要綱(PDF:178KB)

登録店舗一覧

商店街空き店舗活用事業において、登録店舗を活用する場合の支援を手厚くすることにより、空き店舗対策に積極的に取り組む商店街への新規出店を促します。
登録店舗一覧

空き店舗の制度を活用して創業をお考えの方へ

この制度を活用して創業する場合、商店街との間で共同で商店街活性化を行う旨の覚書を、所定の様式により交わしていただきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局市民経済労働部商業振興課

電話:045-671-3488

電話:045-671-3488

ファクス:045-664-9533

メールアドレス:ke-syogyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:428-681-530

先頭に戻る