このページの先頭です

街ぐるみで人が、企業がつながる

集積した企業が交流し、新たな価値創出に挑戦する取組が進んでいます。

最終更新日 2020年7月15日

①企業間連携による新規ビジネスの創出
②シーズ・ニーズマッチング
③専門家のサポートによるベンチャー企業支援
④研究機関・大学と協働で新製品・新技術開発
⑤イノベーター同士の交流

IoTやAIなどのテクノロジーを活用した新ビジネス創出や社会課題解決、中小企業のチャレンジ支援を進めるプラットフォーム。

健康・医療分野のイノベーションを持続的に創出するためのプラットフォーム。中小・ベンチャー企業等へのマッチングから販路開拓まで段階に応じた支援を行い、新技術・新製品の開発を促進。

横浜市は、研究者・技術者、起業家、学生などの人材が組織を越えてネットワークを広げ、新たなイノベーションを横浜から創出していく「イノベーション都市・横浜」を宣言。YOXO(よくぞ)を合言葉にイノベーターコミュニティのムーブメントが起こりはじめている。

「SDGs未来都市・横浜」の実現を目指し、環境・経済・社会的課題の統合的な解決を図る、横浜型「大都市モデル」の創出に向け、多様な主体との連携により自らも課題解決に取り組む中間支援組織。

このページへのお問合せ

経済局誘致推進部企業誘致・立地課

電話:045-671-2594

電話:045-671-2594

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-yuchi@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:865-760-909

先頭に戻る