このページの先頭です

集合住宅の防音対策について

最終更新日 2024年1月25日

1.趣旨

近年横浜市では、幹線道路沿道や鉄道沿線地域に新築された住宅の入居者からの騒音苦情が多発しています。
これら交通騒音対策として、自動車騒音の許容限度の強化、低騒音型の鉄道車輌の導入や道路側での防音壁設置等発生源側でも対策に努めていますが、土地利用面や物流面も含めた抜本的な対策の実施は短期間には困難であり、近年中にこれら沿線地域の騒音環境が大幅に改善されることは見込まれない状況です。
そこで「防音対策指導書」に基づき、これら幹線道路や鉄道に近接して、新たに宅地開発や住宅の建築を計画しようとしている事業者に対して「集合住宅防音対策書」の提出を求め、道路等からの騒音に対する家屋側での防音対策を十分に配慮した宅地の開発や、住宅の建築 を行うように指導するものです。
そのため、適用対象に該当する集合住宅の建設を計画する事業者は、計画の早い段階で当課と協議する必要があります。

2.適用対象

対象路線(表2)の沿道・沿線地域で、道路または鉄道の用地端から敷地端までが50m以内にある土地において、次の(1)、(2)の事業を行う場合を適用対象とします。

(1)開発面積が0.1ha以上の集合住宅の建築を目的とした宅地開発事業
(2)表1に掲げる建築物の高さ、または階数のいずれかに該当する住宅を持つ建築物を建設する事業

表1:適用対象建築物の高さ、または階数
建築物の用途地域建築物の高さ建築物の階数
第1種,2種低層住居専用地域10m以上4階以上
第1種,2種中高層住居専用地域
第1種,2種住居地域
準住居地域
その他の地域
近隣商業地域15m以上5階以上
商業地域
準工業地域
工業地域

表2:対象の高速自動車国道、自動車専用道路、一般国道等および鉄道
音源の種別対象路線名
高速自動車国道
自動車専用道路
一般国道等
東海自動車道(東名高速道路)
国道466号(第三京浜)
国道16号バイパス(保土ケ谷国道)
国道16号バイパス(横浜横須賀道路)
国道1号バイパス(横浜新道)
首都高速横浜羽田空港線
首都高速三ツ沢線
首都高速狩場線
首都高速湾岸線
国道1号
国道15号
国道16号
国道246号
市道:環状2号線及び3号線
*この路線は「集合住宅防音対策確約書(様式-2)」の
提出をもって対策書提出とします。
鉄道東海道新幹線
東海道線
横須賀線
京浜東北・根岸線
横浜線
南武線
鶴見線
貨物線
京浜急行線
京浜急行逗子線
東京急行東横線
東京急行田園都市線
東京急行こどもの国線
相模鉄道線
相模鉄道いずみ野線
横浜市営地下鉄ブルーライン(地上部分)

3.目標値

環境基準等勘案し、道路沿道及び鉄道沿線地域に新築する住宅の寝室内騒音レベルの目標値は、次に掲げるものとします。

住宅の寝室内騒音レベルの目標値
音源目標値
道路夜間の自動車騒音が40dB(等価騒音レベル)以下
鉄道列車通過時の騒音ピーク値の平均が60dB以下

4.集合住宅防音対策書の提出

事業者は、「建築確認申請書」提出の前までに「集合住宅防音対策書」(正副各1部、合計2部)を、大気・音環境課に提出してください。また、横浜市電子申請・届出システム(外部サイト)からも提出が可能です。
※窓口での協議及び書類提出の際は、事前に当課と日時を調整のうえご来庁ください。

協議・提出先

横浜市環境創造局大気・音環境課騒音担当
横浜市中区本町6丁目50-10 (27階)
受付時間:8時45分~12時、13時~17時15分
TEL:045-671-2485

5.防音対策指導書のダウンロード

集合住宅等の防音対策指導書 PDF(PDF:534KB)

6.提出書類・資料のダウンロード

音源によって、提出書類が異なります。

音源が「鉄道、国道、高速道路、自動車専用道路」の場合

提出書類

 1. 集合住宅防音対策書(様式-1)
    
    ※上記様式は横浜市電子申請・届出システム(外部サイト)からダウンロードできます。

 2.添付資料

    ※品質性能試験報告書の写しを添付します。

  • 建築物と音源との位置関係断面図
  • 見取図
  • 建物配置図
  • 建物平面図(対象寝室の窓がある壁の立面図(壁と窓の寸法入り)を余白に書き加えます。)
  • 建物立面図(4面 東西南北)   

    ※検算用ファイルは屋内騒音レベル推定計算書の代わりに集合住宅防音対策書に添付できます。

記載例

添付書類作成上の補足点 

補足点(PDF:60KB) 

音源が「市道(環状2号、環状3号)」の場合

提出書類

  1.集合住宅防音対策確約書(様式-2)
    
    ※上記様式は横浜市電子申請・届出システム(外部サイト)からダウンロードできます。

  2.添付資料

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部大気・音環境課

電話:045-671-2485

電話:045-671-2485

ファクス:045-550-3923

メールアドレス:ks-souon@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:538-657-028

先頭に戻る