このページの先頭です

地域密着型サービスの利用期間中の住所変更について

最終更新日 2021年9月6日

横浜市内にある地域密着型サービス事業所は、原則として横浜市の被保険者のみが利用できることとなっております。
サービスの利用開始時だけでなく、利用継続中に「他市町村の家族のもとへの転居」や「他市町村の施設等への入所」等、何らかの理由により住民票を横浜市外に異動した場合は、サービスの利用(保険給付)ができなくなりますので、ご注意ください。
なお、住民票の異動日と保険給付の関係は次のとおりとなりますので、ご確認ください。

住民票を異動した場合

<例>4月1日付で横浜市からA市に住民票を異動した被保険者の場合
 ~3/314/1~ 
保険者横浜市A市A市への転入日(4/1)からA市の被保険者となり、その前日(3/31)までが横浜市の被保険者となります。
横浜市の地域密着型サービスの保険給付受けることができる受けることが
できない
4/1からは横浜市の被保険者でないため、4/1以降は横浜市から地域密着型サービスに関する保険給付を受けることはできません。

このページへのお問合せ

健康福祉局高齢健康福祉部介護事業指導課

電話:045-671-3466

電話:045-671-3466

ファクス:045-550-3615

メールアドレス:kf-jigyoshido@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:464-136-660

先頭に戻る