このページの先頭です

Q&Aよくある質問

最終更新日 2018年8月8日

Q
1なぜ横浜市議会ではなく、横浜市会というのですか
A

明治22年(1889年)に、全国の市で初めての議会が開かれた時、すべての市が「市会」という呼称を使っていました。その後昭和22年(1947年)に地方自治法が公布され、市の議会ことは「市議会」と呼ぶことになるのですが、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸の5市は、それまでどおり「市会」という呼称を使用し、現在に至っています。

Q
2市会議員の任期は何年ですか
A

市会議員の任期は、4年と定められています。ただし、補欠選挙で選出された場合は、前任者の残任期間が任期となります。
現議員の任期は、平成27年4月30日から平成31年4月29日までです。

Q
3市会の会議には、定例会や臨時会、本会議や委員会など、いろいろなものがあるようですが、どう違うのですか。
A

市会の会議の種類には、定期的に招集される「定例会」と、必要がある場合に招集される「臨時会」があります。「定例会」と「臨時会」は、一定期間の会期が定められ、その会期中に、「本会議」と「委員会」が開催されます。
「本会議」は、議員全員で構成され、議案が提出された後、質疑、討論、採決などが行われ、市会の意思を決定する会議です。「委員会」は、議案などについて詳細な審査を行うために開催されます。また、本会議の前などに、議会の運営について協議する委員会として、「市会運営委員会」が開催されます。
「常任委員会」「特別委員会」「市会運営委員会」は、定例会や臨時会の会期中だけでなく、閉会中にも開催することができます。
詳細は、市会のしくみをご覧ください。

Q
4定例会は、年何回開催されますか。
A

定例会の回数は、条例により年4回と定められており、通例として2月、5月、9月、12月に開催されています。
定例会の日程については、市会の日程のページをご覧ください。

Q
5本会議を傍聴したいのですが、どのような手続きが必要ですか
A

市会の本会議は、公開されており、どなたでも傍聴することができます。傍聴を希望される方は、本会議当日に市庁舎内市会棟1階の傍聴者受付で傍聴券の交付を受けてください。傍聴券は先着順にお渡ししています。
詳細は、傍聴のページをご覧ください。

Q
6市会に請願や陳情をしたいのですが、どのようにすればよいですか。
A

市政などについての意見や要望がある場合は、どなたでも請願書や陳情書を市会に提出することができます。
請願書を提出するときは、市会議員の紹介を必要としますが、陳情書の場合はその必要はありません。
詳細は、請願についての詳細のページ、陳情についての詳細のページをご覧ください

Q
7会議録を見たいのですが、どこで見られますか。
A

本会議の会議録及び常任委員会、特別委員会、市会運営委員会、予算・決算特別委員会、全員協議会の記録は、このホームページの会議録検索システムで見ることができるほか、市庁舎1階の市民情報センター、中央図書館、各区図書館、議会局事務室でも見ることができます。
また、本会議の議案関連質疑、一般質問、予算代表質疑、予算関連質疑については、会議終了後概ね3週間後に、会議録が作成されるまでの速報としてホームページに掲載しています。

このページへのお問合せ

議会局市会事務部総務課

電話:045-671-3040

電話:045-671-3040

ファクス:045-681-7388

メールアドレス:gi-kouhou@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:262-207-615

先頭に戻る