このページの先頭です

南区役所専門相談(平成31年度)

最終更新日 2019年4月18日

不動産、相続など法律に関すること、交通事故の示談方法、金銭関係など毎日の暮らしで困ったときにご利用ください。専門の相談員が今後の対処方法について助言します。秘密厳守、無料です。

専門相談案内
相談項目相談員実施日相談時間相談内容
法律相談
【予約制】
弁護士毎週火曜日午後1時から午後4時まで一般的な法律相談
司法書士相談
【予約制】
認定司法書士第1木曜日午後1時から午後4時まで不動産登記、成年後見、140万円以下の債務整理・借地・借家・境界など

税務相談
【予約制】

税理士奇数月の第4金曜日(2・3月を除く)午後1時から午後4時まで所得税、贈与税、相続税など
行政書士相談行政書士第3金曜日午後1時から午後4時まで行政書士が作成できる役所提出書類や遺言書・遺産分割協議書などの作成に関する相談
公証相談公証人第3月曜日午後1時から午後3時まで遺言、離婚、任意後見・金銭消費貸借契約などの公正証書
民事調停相談会民事調停委員

第2金曜日

午後1時から午後4時まで相隣関係、金銭貸借、不動産などに関する民事上の紛争
交通事故相談交通事故相談員第1水曜日午前9時から正午まで、午後1時から午後4時まで示談の方法、保険金請求など
行政相談行政相談委員

第4木曜日

午後1時から午後4時まで国や特殊法人など行政全般

・祝日、休日、年末年始は休止します。
・各専門相談員の職務、業務などが法令などで定められている場合は、その範囲内での相談となります。
・相談では、契約書や答弁書等の作成などは行いません。また、担当した相談員に直接問題の解決や具体的な仕事を依頼することはできません。

法律相談について

法律相談の予約方法
相談希望日の1週間前の火曜日の午前8時45分から受付を開始します。(受付開始日が祝日などの場合、相談希望日の2週間前の火曜日から受付を開始します。)
電話:045-341-1112か、南区役所1階「1番窓口」で予約してください。

法律相談の概要
・南区役所の法律相談は、横浜市民を対象に弁護士が皆様の相談内容に応じた法律の一般的な説明を行い、問題解決の参考にしていただくためのものです。
・相談時間は25分以内で、1日あたり7名の相談をお受けしています。
・案件にかかわらず、お一人様1年度につき原則1回のみ受け付けます。キャンセルが続く場合は、予約の受付をお断りすることがあります。
横浜市市民相談室(関内駅下車、電話:045-671-2306)、かながわ県民センター・県民の声相談室(外部サイト)(横浜駅下車、電話:045-312-1121〔代表〕)でも法律相談(無料、予約制)を実施しています。


司法書士相談について

司法書士相談の予約方法
相談日当日の午前8時45分から電話:045-341-1112か、南区役所1階「1番窓口」でお受けします。

司法書士相談の概要
・南区役所の司法書士相談は、横浜市民を対象に司法書士が不動産登記、成年後見、140万円以下の多重債務・借地・借家・境界などに関して、一般的な説明を行い、問題解決の参考にしていただくためのものです。
・相談時間は25分以内で、1日あたり7名の相談をお受けしています。
横浜市市民相談室(関内駅下車、電話:045-671-2306)でも司法書士相談(無料、予約制)を実施しています。

税務相談について

税務相談の概要
税務相談の予約⽅法
相談⽇当⽇の午前8時45分から電話︓045-341-1112か、南区役所1階「1番窓⼝」でお受けします。

税務相談の概要
・南区役所の税務相談は、横浜市⺠を対象に税理⼠が所得税、贈与税、相続税などの税⾦に関して、⼀般的な説明を⾏い、問題解決の参
考にしていただくためのものです。
・相談時間は25分以内で、1⽇あたり7名の相談をお受けしています。

交通事故相談・行政相談・公証相談、民事調停相談会、行政書士相談の利用方法

先着順にご案内します(ただし、当日午前8時45分から窓口〈南区役所1階「1番窓口」〉で受付)。利用希望者が多数で終了時刻の超過が予想される場合、止むを得ずご利用をお断りすることがあります。

関連ページ

このページへのお問合せ

南区総務部区政推進課

電話:045-341-1112

電話:045-341-1112

ファクス:045-341-1241

メールアドレス:mn-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:937-100-215

先頭に戻る