このページの先頭です

災害廃棄物輸送用コンテナの保管

最終更新日 2018年12月21日

災害廃棄物輸送用コンテナの資源循環局旧栄工場での保管について

今後の巨大地震発生時への備えとして災害廃棄物の広域処理に使用するコンテナの保管について環境省から依頼があり、横浜市では資源循環局旧栄工場(栄区上郷町1570-1)で47基保管しています。

なお、コンテナは、岩手県陸前高田市・大船渡市・釜石市が東日本大震災で発生した災害廃棄物を広域処理する際に使用したもので、洗浄、再塗装し、空の状態で保管しています。

コンテナの概要

  • 長さ371.5cm×高さ250.0cm×幅245.0cm
  • 自重2.1トン
  • 内容積15.9㎥

住民説明会

栄区区連会

コンテナの放射線量

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

資源循環局家庭系対策部業務課運営係

電話:045-671-2557

電話:045-671-2557

ファクス:045-662-1225

メールアドレス:sj-gyomu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:921-727-891

先頭に戻る