このページの先頭です

水上交通や川の利活用の促進に関する社会実験

最終更新日 2019年11月27日

大岡川下流域周辺の写真
大岡川下流域周辺

横浜都心部を流れる大岡川水系の河口部は、関内・関外地区やみなとみらい21地区等、オフィス街、商業地、観光地、住宅地が立地する、横浜の中心部です。
水上からも港町ならではの美しい景色を楽しむことができ、開港後は、戦後に至るまで建築用材の運搬や食料等を運ぶ運河として活用されてきました。
クルーズ船や屋形船のほか、近年は、SUPやカヤック、Eボートといった水上アクティビティを楽しむ人が増えています。
都心再生課では、大岡川に整備された桟橋や親水施設を活用し、河川や内港地区の魅力を活かした回遊性強化や賑わいの創出をめざし、社会実験等の取組みを行っています。

実施主体

よこはま都心部水上交通実行委員会
<委員>
・一般社団法人大岡川川の駅運営委員会
・京浜フェリーボート株式会社
・株式会社東京ベイガード
・NPO法人HamaBrige濱橋会
・横浜市

目的

横浜駅周辺地区、みなとみらい21地区、関内・関外地区において、水上交通の運行と周辺地区の賑わいづくりを検討し実施することにより、地域の発展に寄与すること。

実施内容

春爛漫・横浜クルーズ

大岡川沿岸には桜が立ち並び、例年桜の季節は船上から桜を見る「お花見クルーズ」が多数実施されます。
実行委員会では、その時期にあわせ「春爛漫・横浜クルーズ」と題し、水上交通のプロモーションを行っています。
過去の実施状況については、各年度のパンフレットをご覧ください。

その他

秋たけなわ!横浜クルーズ2019

例年9月から11月にかけて、横浜の都心部では多くの集客を見込むことができる大規模イベントが多数開催されます。
横浜都心部における水上交通の最大の魅力は水上から横浜の景色を楽しむことができる点ですが、これに加え、特にイベント開催時は多数の来街者による混雑が予想されるため、鉄道駅等公共交通手段から離れたイベント会場へ向かう新たな交通手段として魅力を発揮する可能性があります。
そこで、秋の時期に大岡川、内港地区等に立地する水上交通拠点間をつなぐクルーズを行い、これをPRすることで、横浜都心部の水上交通の魅力発信及び横浜臨海部におけるイベント開催時のクルーズの事業性の検証を行う社会実験を実施しました。
詳細については、ホームページまたはパンフレットをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

前のページに戻る

ページID:726-673-821

先頭に戻る