このページの先頭です

上大岡駅周辺地区街づくり協議指針

平成22年4月1日改正

最終更新日 2020年7月17日

1趣旨

当地区は、横浜市南部地域の拠点にふさわしい街づくりを進めるため、建物づくりにあたって、共同建築の推進、歩行者空間の確保と壁面後退、用途の適正化、デザイン等、事前の協議をお願いしています。

2協議区域

上大岡駅周辺地区
港南区上大岡(上大岡西一丁目の一部並びに上大岡西二丁目)のうち約18ha(別添図のとおり)

3協議対象

建築物及び工作物

4協議内容

※各地区の協議内容を抜粋したものです。詳細は協定書を参考にして下さい。

【さかえ会】

A建築形態に関する事項

イ.商店街の環境を考慮したデザインとしての調和を図る。
 大岡川環境整備事業に面した建物については、別途、都市整備局都市デザイン室と協議を行う。
ロ.壁面後退(セットバック)の推進
 歩行者空間の確保をするため1階部分(高さ3m以上)については、官民境界から1.5m以上の壁面後退を行う。なお、壁面後退部分の色や材質などは、歩道と連続性のあるものとする。
ハ.共同建築の推進
 良好な建築条件と環境を確保するために共同建築の推進に努める。
ニ.建物の色
 特異な色彩は避け、色・材質・仕上げ等、街並との調和を図る。
ホ.広告・看板・掲示物等
 建物と街並との調和を図るとともに、各店の個性を表現し商店街の魅力づくりに努め、過度に大きなものを避ける。
ヘ.駐車場、荷捌き場
 地域の交通に支障をきたさないよう、駐車場と荷捌き場(商店の場合)を設置するように努める。
ト.塵芥集積所
 清潔な環境を維持するため、塵芥集積所を設置する。
チ.その他委員が必要と認めた事項

B建物の用途に関する事項

建物の1階部分の用途は極力、物販・飲食・サービスの業態とし、作業所、倉庫、車庫としての利用は避け、『2.まちづくりの基本方針』にふさわしい店舗づくりを行う。
なお、用途の変更を行う関係者は、その旨を委員会に届け、事前協議を行うこととする。

Cその他

『さかえ会街づくり協定』を策定していますので、参考にしてください。

【上大岡グリーン通り会】

1)建築物等について

(1)建物の新築・増改築の場合

A.建物の形態
 商店街の環境整備を考慮したデザインとして街並の調和を図る。
B.壁面後退の推進
 一階部分については、関係機関の指導に基づき1.5m以上の壁面後退の推進に努める。
C.共同建築の推進
 良好な建築条件を確保するために共同建築の推進に努める。
D.建物の色
 特異な色彩は避け、街並の調和を図る。
E.看板、広告物等
 建物の調和を図るとともに、各店の個性を表現し、商店街の魅力づくりに努める。
F.その他、委員会が必要と認めたもの。

(2)建物の用途に関する事項
  1. 建物の一階部分の用途は極力物販・飲食・サービスの業態とし、業務型店(銀行・証券・保険会社)としての利用は避け、商店街にふさわしい店舗づくりを行うこととする。
  2. 新規出店及び建物の用途変更を行う関係人は、その旨を委員会に届け、事前協議を行うこととする。
(3)その他

『街づくり協定(グリーン通り地区まちづくり第一次実施協定)』を策定していますので参考にして下さい。

【マスタープランの会】

(1)建物の形態
 近隣の環境整備を考慮したデザインで街並との調和を図る。
(2)建物の壁面後退
 一階部分は、1.5m~3.5mの壁面後退をし、歩行者空間とする。
(3)建物の外壁
 特異な色は避け、街並との調和を図る。
(4)その他
 『協定』を策定していますので、参考にしてください。

5横浜市に代わって協議を行う地域団体

上大岡駅周辺地区においては、地元の皆さんで街づくり委員会を組織しております。建築計画にあたっては、各地区の委員会と協議をして計画を進めて下さい。
また、地区ごとに書類がありますので、下記の連絡先にお問い合わせ下さい。

連絡先

マスタープランの会 会長 Tel:045-843-5700(代)

6担当課

横浜市都市整備局市街地整備推進課
責任者:市街地整備推進課長

協議区域の画像
協議区域

このページへのお問合せ

都市整備局市街地整備部市街地整備推進課

電話:045-671-3799

電話:045-671-3799

ファクス:045-664-7694

メールアドレス:tb-seibisuishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:345-332-851

先頭に戻る