このページの先頭です

横浜市SDGs認証制度”Y-SDGs”

事業者の皆様が認証制度を活用しSDGsに取り組むことで、持続可能な経営・運営への転換、新たな顧客や取引先の拡大、さらには、投資家や金融機関がESG投資等の投融資判断への活用につなげることを目指します。

最終更新日 2021年11月10日

概要

この制度は、事業者の皆様が認証制度を活用しSDGsに取り組むことで、持続可能な経営・運営への転換、新たな顧客や取引先の拡大、さらには、投資家や金融機関がESG投資等の投融資判断への活用につなげることを目指します。

Y-SDGs取組紹介シート(認証取得者の取組を御紹介しています。)

第3版(2021年11月2日公開) ※Supremeのみ第2版(2021年8月18日公開)

【最上位】Supreme認証取得者取組紹介シート(PDF:4,137KB)
【上位】Superior認証取得者取組紹介シート(PDF:5,930KB)(2021年11月10日修正)
【標準】Standard認証取得者取組紹介シート(PDF:7,628KB)

認証事業者一覧

(五十音順 ★は既に認証取得済みで、今回更に上位の認証を取得(ランクアップ)した事業者)

第4回認証事業者

【第4回認証事業者一覧】
ランク事業者名

最上位

Supreme

1事業者


株式会社キクシマ★

上位

Superior

17事業者

京急建設株式会社/小雀建設株式会社/サン建設株式会社★/中央環境開発株式会社/中鉢建設株式会社★/株式会社テクノジャパン★/土志田建設株式会社★/株式会社直紀建設/有限会社初鹿野建設/原貿易株式会社★/藤造園建設株式会社/古河電池株式会社/株式会社水村建設★/みんな電力株式会社/特定非営利活動法人もあなキッズ自然楽校/吉川海事興業株式会社/株式会社ライフ・コア横浜★

標準

Standard

36事業者

Avintonジャパン株式会社/昱株式会社神奈川支店/アサヒロード株式会社/アーバントラスト有限会社/株式会社石橋/有限会社板津農園/有限会社梅や/株式会社a・とも総合保険サービス/株式会社エフ・トレード/社会保険労務士法人エール/株式会社金原/有限会社川島園/株式会社キタムラ元町三丁目店 元町メンズショップ/株式会社キタムラ元町本店/株式会社ケイ・コレクション/興信工業株式会社/山陽印刷株式会社/鈴江コーポレーション株式会社/第一生命保険株式会社湘南支社/千葉エンジニアリング有限会社/千代田建設株式会社/日本テクニカル・サービス株式会社/株式会社日本ハウジング/株式会社バネックス/風越建設株式会社/扶桑電機株式会社/有限会社プラスエヌ/松栄建設株式会社/ユニオン紙器株式会社/一般社団法人横浜FCスポーツクラブ/横浜市信用保証協会/横浜消火器株式会社/株式会社横浜フリエスポーツクラブ/Luxty TREATMENT SPA/株式会社ロマック/ワイエスシー株式会社

第3回認証事業者

【第3回認証事業者一覧】
ランク事業者名

最上位

Supreme

4事業者

株式会社伊藤園/大成建設株式会社/株式会社太陽住建★/東電同窓電気株式会社

上位

Superior

19事業者

生駒造園土木株式会社/株式会社大倉/株式会社ガトー・ド・ボワイヤージュ/河野建設株式会社★/株式会社櫻井/株式会社シビックロード★/昭和建設株式会社/昭和電工株式会社横浜事業所/親和興業株式会社/都筑開発株式会社★/株式会社デック★/東洋建設株式会社横浜支店/日栄建設株式会社/堀江造園株式会社/株式会社マルビ/みなとみらい二十一熱供給株式会社/宮本土木株式会社/特定非営利活動法人夢・コミュニティ・ネットワーク/横浜ロイヤルパークホテル

標準

Standard

29事業者

ウォータースタンド株式会社/エシカルビューティーラボ/株式会社エスエフソリューションズ/株式会社カツマタ/株式会社キタムラ・ケイツウ/空建築家工房株式会社/グランコーヨー株式会社/株式会社ケイ・ワイ/株式会社コーセツコンサルタント/自家焙煎珈琲店 陽のあたる道/スカイファーム株式会社/株式会社スタージュエリーブティックス/株式会社センチュリー興業/株式会社宅配横浜/株式会社ダニエル/株式会社藤政工業/有限会社東日機工工事/株式会社中原建設/株式会社ビルド/株式会社フロンティアハウス/株式会社ポンパドウル/特定非営利活動法人みなみ区民利用施設協会/株式会社明電エンジニアリング神奈川支店/株式会社メディカルケアシステム/協同組合元町エスエス会/株式会社横浜メディアアド/株式会社ライフ・コア横浜/株式会社ラトリエ1959/リョーコーホーム株式会社

第2回認証事業者

【第2回認証事業者一覧】
ランク事業者名

最上位
Supreme
3事業者

向洋電機土木株式会社/大和ハウス工業株式会社/三井住友信託銀行株式会社横浜駅西口支店

上位
Superior
27事業者

株式会社アイネット/川本工業株式会社/株式会社キクシマ/株式会社崎陽軒/京浜電設株式会社/株式会社小俣組/重田建設企業株式会社/株式会社島忠/株式会社スリーハイ/セガサミーホールディングス株式会社/株式会社センチュリー工業/相鉄ホテル株式会社/大洋建設株式会社/株式会社太陽住建/大和リース株式会社横浜支店/奈良建設株式会社/根本建設株式会社/株式会社ノジマ/パナソニックホームズ株式会社神奈川支社/株式会社松尾工務店/馬淵建設株式会社/丸忠建工株式会社/メルビック電工株式会社/ヤマシンフィルタ株式会社/横浜環境保全株式会社/一般社団法人横浜港振興協会/横浜緑地株式会社

標準
Standard
89事業者

株式会社アイシス/株式会社アイシマ/あかね空/旭建設株式会社/株式会社旭広告社/株式会社REJ/株式会社アールケイエンタープライズ/株式会社安藤建設/株式会社イージェーワークス/生駒植木株式会社/株式会社石勝エクステリア/株式会社WILLTEX/株式会社ウィルパートナーズ/株式会社ウェブフロンティア/株式会社ウエルアップ/株式会社Woo-By.Style/株式会社M.SLASHホールディングス/カーボンフリーコンサルティング株式会社/株式会社勝烈庵/株式会社カラー/キクデンインターナショナル株式会社/株式会社きじま/有限会社ぎんが邑RIV総合研究所/NPO法人ぎんがむら/金銀食品株式会社/株式会社グーン/河野建設株式会社/株式会社紅梅組/幸和建設工業株式会社/株式会社小林園/株式会社サカクラ/櫻井造園土木株式会社/サン インテルネット株式会社
株式会社サンオータス/サン建設株式会社/株式会社シノザワ/シーバイエス株式会社/株式会社シビックロード/新興電設工業株式会社/株式会社信友建設/株式会社清光社/星槎学園中高等部北斗校/星槎高等学校/星槎中学校/株式会社青武組/株式会社ダイイチ/株式会社大成/株式会社タウンニュース社/合資会社寳田商店/有限会社千田建設/株式会社チュウバチ/中鉢建設株式会社/株式会社テクノジャパン/株式会社デック/土志田建設株式会社/株式会社トライプランニング/奈良造園土木株式会社/株式会社ニックス/株式会社日建産業/株式会社日本工業所/ハーチ株式会社/株式会社濱田園/株式会社ハマ企画/原貿易株式会社/NPO法人フラットハート/株式会社ベイサン/Baycess株式会社/マックス建材株式会社/合同会社mayunowa/株式会社三笠/ミムラ工業株式会社/株式会社水村建設/株式会社ヤマヤ土建/株式会社横浜環境デザイン/横浜市資源リサイクル事業協同組合/公益財団法人横浜市スポーツ協会/株式会社横浜ビー・コルセアーズ/横浜マラソン組織委員会事務局/公益財団法人横浜YMCA/横濱ワイナリー株式会社/株式会社ヨコレイ/株式会社ヨネヤマ/ルーデンス株式会社/株式会社YKM/和光産業株式会社/株式会社渡辺組/株式会社ワンアンドオンリー/株式会社ワンウィル/株式会社ワンスレッド

第1回認証事業者

【第1回認証事業者一覧】
ランク事業者名

最上位
Supreme
2事業者

石井造園株式会社/株式会社大川印刷

上位
Superior
4事業者

太陽油脂株式会社/日舗建設株式会社/宮内建設株式会社/株式会社横浜都市みらい

標準
Standard
23事業者

株式会社アトランティックスターポイント/株式会社エクスポート/株式会社江戸清/
株式会社神奈川保健事業社/株式会社kitafuku/株式会社コア・エレクトロニックシステム/学校法人国際学園/株式会社サンフジ企画/一般財団法人三和徳育会アメリカ山ガーデンアカデミー/株式会社JMC/株式会社春峰園/新栄重機土木株式会社/医療法人社団心真理/都筑開発株式会社/株式会社テクノジャパン/株式会社TRIPLE-ef/株式会社ハリマビステム/ベイヒルズ税理士法人/有限会社マルニ商店/三島会計事務所/横浜建設株式会社/株式会社横浜セイビ/横森電気工業株式会社

SDGs未来都市の実現及びSDGs達成に向けて貢献する意思を持つ事業者
(市内外の企業・各種団体・NPO法人・市民活動団体等)
※ヨコハマSDGsデザインセンターの会員登録の他、応募にあたってのいくつかの要件があります

評価項目及び認証区分

環境、社会、ガバナンス及び地域の4つの分野、30項目で評価を実施し、各評価項目における取組状況によって、3つの区分で認証します。

3つの認証区分の説明

認証期間

認証を受けた月から2年間
※期間中に、より上位の認証取得を目指し再度申請することも可能です。

認証にかかる手数料

無料

募集スケジュール

令和3年4月以降、約3か月に1回程度の頻度で申請受付・認証を行います。日程が決まり次第、このページ及びヨコハマSDGsデザインセンターのホームページ(https://www.yokohama-sdgs.jp/(外部サイト))等でお知らせします。
※自己チェック登録申請については、随時受付中です。

認証制度の手続きの流れ


認証メリット

①認証マークを名刺や企業等のホームページ等に表示できます。
②認証事業名や取組内容を、横浜市やヨコハマSDGsデザインセンターのホームページ等でPRします。
③ヨコハマSDGsデザインセンターが開催する各種マッチングイベントやセミナー等へ優先参加できます。
④「横浜市総合評価落札方式」の評価項目において、加点となります。
⑤「よこはまプラス資金」の対象となります。
(※④、⑤は最上位・上位のみ。)
⑥三井住友海上火災保険(株)による評価項目に対応したアドバイス等のサポートを利用できます。(詳細は案内資料(PDF:795KB)をご覧ください。)


申請先・問い合わせ先

ヨコハマSDGsデザインセンター
〒231-0015
横浜市中区尾上町3-35 横浜第一有楽ビル 3F G INNOVATION HUB YOKOHAMA内
TEL:050-3749-7415 E-mail:sdgs.biz@exri.co.jpHP(https://www.yokohama-sdgs.jp/(外部サイト)
受付時間:10:00~16:00(土日祝日・年末年始を除く)

申請に必要な書類

申請に必要な書類は、ヨコハマSDGsデザインセンターに会員登録後にマイページから入手できます。詳細は(https://www.yokohama-sdgs.jp/(外部サイト))をご覧ください。
・”Y-SDGs”認証申請書
・横浜市SDGs認証”Y-SDGs”チェックシート

参考

横浜市SDGs認証制度”Y-SDGs”のご案内(PDF:811KB)

ヨコハマSDGsデザインセンターとは

SDGs未来都市・横浜の実現を目指し、自らも主体となって、皆様との連携によって課題解決に取り組む、目的志向・実践型の中間支援組織です。会員になっていただくことで、SDGsに関する各種相談や、マッチング支援など様々なサービスを活用いただけます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部SDGs未来都市推進課

電話:045-671-4371

電話:045-671-4371

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-mirai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:776-357-945

先頭に戻る