このページの先頭です

水田保全奨励事業

この事業は、「横浜みどりアップ計画」に基づき、市内の水田所有者の方を対象として、一定の条件のもと奨励金をお支払いする制度です。

最終更新日 2021年4月22日

制度趣旨

横浜市では、緑の減少に歯止めをかけ、「緑豊かなまち横浜」を次世代に継承するため、横浜みどり税を財源の一部に活用して、「横浜みどりアップ計画」を推進しています。この計画に基づき、良好な農景観の形成や生物多様性の保全など多様な機能を有する水田を保全するため、水稲作付けを10年間継続することを条件に、水田所有者の皆様に対して奨励金を支払う『水田保全奨励事業』を実施しています。

制度概要

対象者

横浜市内に水田を所有している方で、今後10年間米作りを行う意思のある方
※貸借等により、所有者ご本人が耕作されていない場合でも対象となります。

奨励金交付条件

水田に水稲が作付けられたこと

奨励金額

水稲が作付けられた水田1㎡あたり30円(例:10aの水田の場合、3万円)
※1㎡未満の端数は切捨てとなります。

その他

  • 水田は良好に管理してください。
  • 何らかの理由により水田耕作を続けられなくなった場合には、速やかに農政事務所と協議をお願いします。

令和3年度新規募集

令和3年度の新規募集の受付を開始しましたので、ぜひこの機会にお申込みください。

提出書類

●水田保全申出書
●口座振替依頼書
●水田の所有権を証明する書類
 ※令和3年度課税明細書、名寄帳、全部事項証明書(登記簿謄本)のうちいずれかの写し(コピー)
●代表者(申出書)以外の所有者の同意書
 ※共有名義の水田のみ。当該水田の地番、共有者氏名・住所・押印があれば、同意書の様式は問いません。

各種様式

提出先

各農政事務所に郵送又は持参にてお申込みください。

提出先
水田所在区 農政事務所 所在地・連絡先

鶴見・神奈川・保土ケ谷・旭・港北・
緑・青葉・都筑区

環境創造局北部農政事務所

都筑区茅ケ崎中央32-1(都筑区総合庁舎内)
電話045-948-2483

中・西・南・港南・磯子・金沢・戸塚・
栄・泉・瀬谷区

環境創造局南部農政事務所

戸塚区戸塚町16-17(戸塚区総合庁舎内)
電話045-866-8497


提出締め切り

令和3年6月18日(必着)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局農政部農政推進課

電話:045-671-2608

電話:045-671-2608

ファクス:045-664-4425

メールアドレス:ks-noseisuishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:754-690-447

先頭に戻る