このページの先頭です

自然~緑・花・農~ 緑地保全管理計画

最終更新日 2019年3月7日

横浜市内には市民の森など多くの樹林地が保全されています。保全された樹林地を良好に管理していくうえでは、そこに生息する動植物の情報や人間の活動や利用状況、土地の歴史やなりたちなどに配慮しなければなりません。横浜市では、市内の樹林地の実態に合った標準的な作業技術指針である「横浜市森づくりガイドライン」と、個別の樹林地の特性に配慮した「保全管理計画」を組み合わせて管理を進めています。

横浜市森づくりガイドライン

横浜市では、市民の森等の樹林地を管理のより質の高い維持管理を行うために、森づくりに携わる市民と行政が共有できる資料として「横浜市森づくりガイドライン」をまとめました。

【概要版はこちら】(PDF:1,062KB)

【詳しい内容はこちら】

保全管理計画

市民の森などの森づくりの指針となる「森づくりガイドライン」ですが、実際の森の管理には個々の森の実情に合わせたより詳細な計画が必要になります。そこで森ごとの計画として「保全管理計画」の策定を進めています。市民ボランティアや行政などの関係者が連携し、目標とする姿(植生)や作業内容、役割分担などを定めています。
人によって明るい森が好きな人や暗い静かな森が好きな人がいるように、生きものにとっても好む森はそれぞれです。保全管理計画の策定を通じて様々な見解を整理して課題を共有し、目指す森の姿をしっかりと決めて管理していくことが大切です。

大規模樹林地の例

・新治市民森の保全管理計画
計画書(PDF:15,408KB)

・横浜自然観察の森保全管理計画
計画書(PDF:5,872KB)

小規模樹林地の例

・中田ふれあいの樹林保全管理計画
計画書(PDF:10,915KB)

長期計画の例

・円海山近郊緑地特別保全地区の保全管理計画
パンフレット(表面)(PDF:236KB)
パンフレット(中面)(PDF:603KB)

【一括ダウンロード】
全47P(PDF:2,197KB)

【分割ダウンロード】

  1. 表紙・目次(PDF:59KB)
  2. 円海山周辺の緑地の保全管理計画のめざすもの(p1~2)(PDF:61KB)
  3. 円海山近郊緑地特別保全地区の現状(p3~6)(PDF:284KB)
  4. 円海山近郊緑地特別保全地区の将来像の基本的な考え方(p7)(PDF:27KB)
  5. 円海山近郊緑地特別保全地区の将来像(p8~17)(PDF:635KB)
  6. 円海山近郊緑地特別保全地区の保全管理指針(p18~30)(PDF:570KB)
  7. 資料編(p31~47)(PDF:867KB)

※保全管理計画には希少動植物の情報等が含まれるため一部表現を変更するなどしています。
※本計画の著作権は横浜市にあります。全部または一部を問わず許可のない転載や二次利用はお断りします。
(ダウンロードファイルは機能の一部を制限しています。)
※個別の計画の内容に関するお問い合わせは、市民の森愛護会、ふれあいの樹林愛護会、森づくりボランティア等
本計画を協働で実施する方を除いてご遠慮いただいておりますので了承ください。

お問い合わせ

横浜市環境創造局みどりアップ推進部みどりアップ推進課
電話:045-671-2624 ファックス:045-224-6627

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局みどりアップ推進部みどりアップ推進課

電話:045-671-2712

電話:045-671-2712

ファクス:045-224-6627

メールアドレス:ks-midoriup@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:890-542-684

先頭に戻る