このページの先頭です

共同溝・電線共同溝

最終更新日 2020年6月16日

1 共同溝

道路には、水道管やガス管が埋設され、電気や電話などの線は電柱に架けられています。
これらの管や線を、道路の下にまとめて収容するために作ったトンネルを「共同溝」といい、みなとみらい21と港北ニュータウンに整備されています。

共同溝のイメージ画像です。
共同溝のイメージ


2 電線共同溝(整備事例は こちら のページをご覧ください。)

共同溝には、水道管やガス管も収容しますが、電気や電話などの電線だけを収容するために埋設した施設を「電線共同溝」といいます。
主に、電線を収容するパイプと電線の保守に利用するためのコンクリート製の箱で形成される施設です。

電線共同溝のイメージ画像です。
電線共同溝のイメージ

       

3 共同溝・電線共同溝の効果

・共同溝は、人が入って管や線の点検、補修ができるため、道路を掘り返さずに作業ができ、道路工事による交通への影響を減らすことができます。
・電線の地中化により、道路上の障害物が少なくなるため、安全で快適な歩行空間が確保され、まちの景観の向上が図られます。
・地震時に電柱の倒壊や、断線などの危険性が低くなり、電気、通信の安定供給が確保できるなど、都市の防災性が向上します。

このページへのお問合せ

道路局道路部施設課(共同溝)

電話:045-671-2731

電話:045-671-2731

ファクス:045-651-5443

メールアドレス:do-shisetsu@city.yokohama.jp

道路局道路部施設課(電線共同溝)

電話:045-671-3550

電話:045-671-3550

ファクス:045-651-5443

メールアドレス:do-shisetsu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:886-868-998

先頭に戻る