このページの先頭です

医療的ケア児・者とは

最終更新日 2021年1月16日

医療的ケア児・者とは

医療的ケアとは自宅で家族等が日常的に行う、医療的生活援助行為のことです。医師や看護師などが行う「医療行為」と同じことを家族等が行う場合、「医療的ケア」と呼んで、区別しています。
医療的ケア児・者とは心身の機能に障害があり、呼吸や栄養摂取、排泄などの際に、医療機器やケアを必要とする方たちです。
重症心身障害児・者に多くみられますが、肢体不自由や知的障害を伴わない方、例えば医療的ケアがあっても走ることができる方もいます。
近年の新生児医療の進展やNICU(新生児集中治療室)の整備促進を背景として、超未熟児や先天的な疾病を持つ子どもたちの命を救うことができるケースが増えており、医療機関を退院した後も引き続き人工呼吸器や胃ろう等の医療的ケアを日常的に必要とする「医療的ケア児・者」が年々増加しています。多くの方々が在宅で生活しており、日常生活の中で支援を必要としています。

医療的ケア児・者を支援する本市の取組

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に係る医療的ケア児・者支援関連情報

随時更新します。

関連リンク

このページへのお問合せ

こども青少年局こども福祉保健部障害児福祉保健課

電話:045-671-4279

電話:045-671-4279

ファクス:045-663-2304

メールアドレス:kd-syogaijifukuho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:305-412-206

先頭に戻る