このページの先頭です

各種警報等の発表に伴う児童生徒の登校・下校について

横浜市立学校では、発表された気象警報等により、児童生徒の登校・下校は次のとおりとなります

最終更新日 2019年3月13日

警報等発表の対象となる地域

「横浜市内」に対して発表された警報等が該当します。

現在発表中の警報・注意報

横浜市一般気象情報(外部サイト)から確認できます。(横浜市総務局危機管理室のホームページへリンクします)

児童生徒の登校の対応

児童生徒の登校の対応について
警報名 登校の対応について
「暴風警報」を伴わない「大雨警報」「洪水警報」の場合は、通常通りの登校です。
大雨警報 学校から「自宅待機」の連絡がない限り、原則として、通常通りの登校とします。
「自宅待機」は、各学校や地域の状況に応じて、登校の可否等を学校長が判断します。
洪水警報
下記5種類のいずれか1つでも発表継続中の場合の対応は以下のとおりです。
暴風警報 小学校・中学校・義務教育学校
午前7時の時点で発表継続中の場合は、一斉休校になります。
特別支援学校
午前6時の時点で発表継続中の場合は、一斉休校になります。
高等学校(全日制)
通学区域が異なるため、学校ごとに基準を設定しています。
高等学校(定時制)
午後2時の時点で発表継続中の場合は、一斉休校になります。
大雪警報
暴風雪警報
特別警報
(大雨・暴風・高潮・波浪・暴風雪・大雪)
降灰予報

登校後に警報等が発表された場合

登校後に「暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」「特別警報」「降灰予報」が発表された場合は、各学校や地域の状況に応じて、児童生徒の下校時間を変更するなど、適切な措置を講じます。

このページへのお問合せ

教育委員会事務局総務部総務課

電話:045-671-3240

電話:045-671-3240

ファクス:045-663-5547

メールアドレス:ky-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:328-655-097

先頭に戻る