このページの先頭です

横浜市における蚊媒介感染症のウイルス検査結果

最終更新日 2019年6月14日

蚊の採取日別 蚊媒介感染症のウイルス検査結果報告

 蚊が媒介する感染症は、日本在来の日本脳炎、世界的に拡大流行を続けるデング熱、米国で猛威を振るったウエストナイル熱、輸入感染例が増加中のチクングニア熱などが注目されています。
 日本国内で発生、流行する可能性のある蚊媒介感染症(四類感染症のウエストナイル熱、デング熱、チクングニア熱、日本脳炎など)のサーベイランスを実施しています。
 市内の公園に定期的に蚊を捕獲する罠(トラップ)を設置し、横浜市衛生研究所でPCR法によりウイルス遺伝子の有無を調べます。
 横浜市内で採取しました蚊についてウイルス検査(PCR法)を実施した検査結果をお知らせします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局衛生研究所微生物検査研究課

電話:045-370-9379

電話:045-370-9379

ファクス:045-370-8462

メールアドレス:kf-eiken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:772-416-072

先頭に戻る