このページの先頭です

総合支援資金特例貸付の申請・延長に伴う制度利用について

総合支援資金特例貸付の申請・貸付期間延長に伴う生活困窮者自立支援制度の申し込みについて

最終更新日 2021年10月18日

総合支援資金特例貸付の新規申請・貸付期間延長申請のご案内について

「総合支援資金特例貸付」は、神奈川県社会福祉協議会で実施していますが、申請先はお住いの区の社会福祉協議会になります。 

(総合支援資金特例貸付の事務は、区役所では実施していませんので、ご注意願います!

 申請に関すること、支給に関することは次の問い合わせ先にご連絡してください。
 なお、新型コロナウイルス感染症の感染症拡大防止のため、原則として郵送による申請をお願いしています。
 ご理解・ご協力の程、よろしくお願いいたします。

<総合支援資金特例貸付の申請先・申請に関する問い合わせ先
市内 各区の社会福祉協議会(外部サイト)(平日9時~17時)
<総合支援資金特例貸付の申請・支給に関する問い合わせ先>
神奈川県社会福祉協議会生活支援担当(外部サイト) TEL:045-311-1426(平日9時~17時)
<平日夜間、土曜・日曜及び祝日のご相談について>
厚生労働省「個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター」(外部サイト)
TEL:0120-46-1999(土日・祝日含む9時~21時)

総合支援資金特例貸付の新規申請について

 新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における「総合支援資金の特例貸付」(外部サイト)を市内各区の社会福祉協議会(外部サイト)で受け付けていますが、新規申請する場合には、償還開始までに自立相談支援機関からの支援を受ける(生活困窮者自立支援制度=各区生活支援課で実施)ことが必要となります。
 横浜市では、市内 各区の社会福祉協議会(外部サイト)において、「総合支援資金の特例貸付」(外部サイト)の新規申請と同時に、生活困窮者自立支援制度の申し込みを行うことができます。(この場合は、各区生活支援課への書類の送付などは不要となりますが、後日、各区生活支援課からご連絡する場合がありますので、ご承知おきください。)
 市内 各区の社会福祉協議会(外部サイト)で生活困窮者自立支援制度の申し込みをする場合は、下記から「相談受付・申込票」をダウンロードしてください。 
 <申請に必要な様式(必要な場合、ダウンロードしてください。)> 

総合支援資金特例貸付の延長申請について

 新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における「総合支援資金の特例貸付」(外部サイト)を市内各区の社会福祉協議会(外部サイト)で受け付けていますが、延長申請する場合には、生活困窮者自立支援制度の申し込みが必要となります。
 申請にあたっては、現在貸付を横浜市社会福祉協議会から「総合支援資金特例貸付の貸付期間延長のご案内」を郵送で順次お送りいたしますが、その際に生活困窮者自立支援制度の「相談受付・申込票」も合わせてお送りいたします。
 貸付期間の延長を希望する場合には、同封した記載例を参考に「相談受付・申込票」をご記入の上、必要書類と合わせてをお住まいの区社会福祉協議会へ郵送にてご提出ください。(同封の封筒もご利用ください。)
<郵送された書類を紛失・破損してしまった場合は、下記からダウンロードしてください。>
 

生活困窮者自立支援制度の申し込みについて

 区社会福祉協議会に郵送等でご提出いただいた「相談受付・申込票」は、お住いの区の区福祉保健センター生活支援課生活支援係に引き継がれ、申請の受け付けを行います。

 なお、住宅、仕事、生活などのお困りごとがある場合には、郵送での手続きを待たずに生活困窮者自立支援制度の自立相談支援機関である各区役所生活支援課へお早目にご相談ください。(生活困窮者自立支援制度における支援内容はこちら。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局生活福祉部生活支援課

電話:045-671-2403

電話:045-671-2403

ファクス:045-664-0403

メールアドレス:kf-seikatsushien@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:145-163-997

先頭に戻る