このページの先頭です

第11回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金

今日の日本の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、そのご遺族に特別弔慰金(記名国債)を支給します。

最終更新日 2020年5月26日

請求手続きを再開します(請求期間は令和5年3月31日まで)

緊急事態宣言の解除に伴い、特別弔慰金の請求手続きを再開いたしますが、
新型コロナウイルス感染症については、まだ予断を許さない状況は続きます。
請求手続きで区役所へ多くの方がお越しになると「3密」(密閉空間・密集場所・密接場面)の状態となり、
感染の危険性が高まります。
※毎月初旬(1~5日)は窓口が大変混み合いますので、ご来庁はお控えください。

請求期間は令和5年3月31日まで設けられております。
まだ請求期間に余裕がありますので、皆様の安全のため、しばらく間をおいての請求をお勧めします。

特別弔慰金の支給について

支給対象者

令和2年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による最も先順位のご遺族の方お一人に特別弔慰金(額面25万円、5年償還の記名国債)が支給されます。
※特別弔慰金は、ご遺族を代表するお一人が受け取るものです。ご遺族間の調整は、記名国債を受け取った方が、責任を持って行ってください。

支給対象者の優先順位
1順位令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
2順位戦没者等の子
3順位

戦没者等の1.父母 2.孫 3.祖父母 4.兄弟姉妹
※戦没者等の死亡当時の生計関係の有無などにより、順番が入れ替わります。

4順位

上記以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪など)
※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上、戦没者等と生計関係を同じくしていた方に限ります。


請求期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日まで(3年間)

請求窓口

お住まいの区役所生活支援課事務係
※成年後見人等が申請する場合は、登記事項証明書に記載のある成年後見人等の住所地の区役所生活支援課事務係

請求に必要な主な書類等

 請求者によって必要書類が異なりますが、以下の書類は共通で必要です。
(1)請求者の公的な本人確認資料(原本)
  【代理人申請の場合】代理人の公的な本人確認資料(原本)+請求者の公的な本人確認資料(コピー可)
(2)【代理人申請の場合】委任状
(3)請求者の印鑑(シャチハタ不可)
(4)請求書
(5)印鑑等届出書
(6)遺族現況申立書
(7)令和2年4月1日時点の戸籍抄本
(8)(過去に特別弔慰金受給したことのある方のみ)過去の裁定通知書 
※上記(2)(4)~(6)は区役所生活支援課事務係にあります。
請求者により、この他に必要な書類があります。
請求者のお住まいの区役所生活支援課事務係へお問い合わせください。

パンフレット

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局生活福祉部援護対策担当

電話:045-671-2425

電話:045-671-2425

ファクス:045-664-0403

メールアドレス:kf-entai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:758-500-421

先頭に戻る