このページの先頭です

水難救助車

最終更新日 2019年3月20日

水難救助車は、各種水難救助用資機材がすぐに使用できる状態で車載されており、港湾・河川等での水難救助事案に対応できる車両です。また救助用ボートが積載できるようになっており、車両後部格納庫の扉がパワーゲートとなり、救助ボートの積み下ろしが容易にできます。シャワー等の設備も装備してあり、車両上部にはLED照明装置があります。

救助ボートの積載性の向上

潜水資機材が即座に使用できる状態で積載されており、車内から主要資機材を容易に取り出せることで、潜水活動を迅速に行えます。

大型パワーゲート

車両後部格納庫の扉がパワーゲートとなり、救助ボートの積み下ろしが容易にできます。また、このパワーゲート上をシャワースペースの床面として活用します。(パワーゲート最大許容荷重500kg)

救助ボートの積載性の向上

救助ボートを拡張状態で積載でき、水難救助の現場において迅速な活動が行えます。

「WR」の標示

水難救助隊としての識別化を図るため、車両の両側面に、「WR」のマークを標示します。
(水難救助=WaterRescue)

このページへのお問合せ

消防局総務部施設課

電話:045-334-6405

電話:045-334-6405

ファクス:045-334-6510

メールアドレス:sy-shisetsu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:665-336-144

先頭に戻る