ここから本文です。

よこはま子ども国際平和プログラム

<平和教育×国際教育>国際理解を深め、平和を考える横浜独自の取り組み

最終更新日 2024年6月6日

よこはま子ども国際平和プログラムとは

 横浜市内の児童生徒の国際平和に対する意識を高めるとともに、その大切さを広く世界に呼びかけるため、1986年(昭和61年度)より実施しています。国際社会で自分たちのできることを実践しようとする姿勢を育てます。

よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト

市内約4万人の小中学生がそれぞれの視点から、国際平和について考える

令和5年度よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト本選の写真
令和5年度本選の様子

 横浜市では、横浜市内の児童生徒の国際平和への意識を高めるため、平成8年度より「よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト」を開催しています。毎年、約4万人の小中学生が参加し、「国際平和のために、自分がやりたいこと」をテーマに、児童生徒ならではのさまざまな視点から、国際平和に対する熱い思いを発信します。
 本コンテストは、6月中旬~7月上旬に各区において予選会等が開催され、各区予選会等で選ばれた代表者たちが、スピーチコンテスト本選に出場します。

令和6年度 一般参観者募集(無料・事前申込)

参観者を募集しています。ぜひ子どもたちのスピーチを聞きにいらしてください。
<募集期間>令和6年6月7日(金曜日)~7月5日(金曜日) 締切必着
一般参観者募集チラシはこちら(PDF:573KB)

令和6年度 よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト概要
対象 横浜市内小学校、中学校、義務教育学校、特別支援学校
テーマ

「国際平和のために、自分がやりたいこと」
(2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)に基づく、17の視点に関連付ける)

日程

【中学校の部】令和6年7月22日(月曜日)
【小学校の部】令和6年7月23日(火曜日)

時間 同日とも13時30分~16時30分(途中入退場可)
会場

横浜市 南公会堂(横浜市南区浦舟町2丁目33番地 南区総合庁舎内)
 市営地下鉄「阪東橋」駅下車徒歩約8分、京浜急行「黄金町」駅下車徒歩約14分
 バス停「南区総合庁舎前」下車徒歩すぐ、バス停「浦舟町」下車徒歩約2分、
 バス停「阪東橋」下車徒歩約8分

一般参観申込方法

E-mailまたは往復ハガキに、以下の必要事項を記載
 ①行事名「よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト参観者募集」
 ②郵便番号、住所、氏名(ふりがな)
 ③参観希望日(①7月22日 / ②7月23日 / ③両日)
 ④連絡先(電話番号)
 ⑤E-mailアドレス(E-mail応募の場合)/ 往復ハガキ返信面の記載(往復ハガキ応募の場合)

 ★E-mail送付先
  ky-heiwa@city.yokohama.jp
 ★往復ハガキ郵送先
  〒231-0005 横浜市中区本町6丁目50-10
   横浜市教育委員会事務局小中学校企画課「スピーチコンテスト参観者募集」係

※応募期間終了後、参観者に当日のご案内を送付いたします。(7月12日(金)までにご連絡いたします。)
※申込が多数の場合は、抽選となります。(各日定員100人)
※横浜市立小中学校教職員及びスピーカーの保護者・校内応援者は申込み不要です。

(参考)令和5年度よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト 市長賞受賞者スピーチ動画

小学校の部(計2名)

 ・「知ることで自分を変えよう」吉田 愛さん(品濃小学校6年)

 ・「広がるといいな、優しい心」島田 優心さん(盲特別支援学校6年)

中学校の部(計2名)

 ・「僕」大野 瑞葉さん(森中学校3年)

 ・「『お節介』を広めれば」佐々木 春樺さん(日吉台西中学校3年)

よこはま子ども国際平和プログラム 子ども実行委員

横浜市の児童生徒を代表して、国際平和に関するさまざまな活動に取り組む

 スピーチコンテスト本選に出場した38人は、「子ども実行委員」に委嘱され、年間を通して、国際平和に関わるさまざまな活動に取り組みます。

令和5年度の活動内容一覧

子ども実行委員活動の写真
子ども実行委員の活動の様子

 ・「よこはま子どもピースメッセージ2023」(PDF:378KB)の作成
 ・「国際平和募金」呼びかけ動画の作成
 ・ユニセフハウスなど国連関係機関への訪問
 ・ユニセフ協会の諸活動への協力
 ・国際平和に関する学習会への参加 など

よこはま子どもピースメッセンジャー

ニューヨークの国連本部等を訪問し、平和への願いを世界に発信

子どもピースメッセンジャー活動の写真
子どもピースメッセンジャーの活動の様子

 スピーチコンテストの本選で市長賞を受賞した4人は、「よこはま子どもピースメッセンジャー」としてニューヨークの国連本部やユニセフ本部などを訪問し、「子ども実行委員」全員で作成した「よこはま子どもピースメッセージ」や市内の児童生徒が実施した募金の目録を届けたり、国連関係者と会談を行ったりするなど、平和への願いを世界へ発信しました。
 【訪問期間】令和5年10月15日(日曜日)~22日(日曜日)

~未来を担う子どもたちの成長物語~「よこはま子ども国際平和プログラム」の活動レポートを「横浜 Love Walker」でウェブ連載開始!

 横浜市の小中学校では、これまでに「よこはま子ども国際平和プログラム」を通して、数多くのグローバル人材を育成してきました。横浜市独自のこの取組について、市民の皆様に広く知っていただき、横浜の子どもたちの成長を応援していただくために、横浜をもっと好きになる情報満載なウェブメディア「横浜 Love Walker」で、本プログラムを通した子どもたちの成長物語をお届けします。

NYでハンバーガーを食べる
NYでハンバーガーを食べる吉田さん(写真左手前)

 連載第1回は令和5年度よこはま子どもピースメッセンジャーの1人、品濃小学校6年(当時)の「吉田 愛さん」の成長をプログラムの担当者の目線で語ります。
 連載第1回 『~ピースメッセンジャーはハンバーガーに夢中~』

<連載概要>
 「よこはま子ども国際平和プログラム」を通した子どもたちの成長物語をレポートします。
 回数:全10回程度(予定)(掲載日:令和6年5月~令和7年3月)
 掲載場所:横浜をもっと好きになる情報満載なウェブメディア「横浜 Love Walker」(外部サイト)

よこはま子ども国際平和プログラム報告書

 年間を通して行った活動について、報告書にまとめています。
 子ども実行委員をはじめ、市内小中学校児童生徒の活躍や平和に対する思いがつまったものとなりますので、ぜひご覧ください。

令和5年度 よこはま子ども国際平和プログラム報告書(PDF:2,247KB)
令和4年度 よこはま子ども国際平和プログラム報告書(PDF:2,345KB)
令和3年度 よこはま子ども国際平和プログラム報告書(PDF:24,418KB)

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

よこはま子ども国際平和プログラム実行委員会事務局(教育委員会事務局小中学校企画課内)

電話:045-671-3588

電話:045-671-3588

ファクス:045-664-5499

メールアドレス:ky-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:501-375-252

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • SmartNews