このページの先頭です

歌川広重が描いた金沢八景

最終更新日 2019年3月14日

元禄7年金沢の地に立ち寄った中国僧、心越禅師(しんえつぜんし)は、能見堂(今の能見台)からの風景が故郷中国の瀟湘(しょうしょう)八景にそっくりと絶賛。このことから金沢八景と名付けられ、駅名にもなりました。幕末の浮世絵師、歌川広重も描いた絶景です。

※このページにある画像の転載は禁じます。

歌川広重について

歌川 広重(うたがわ ひろしげ)
1797年~1858年(寛政9年~安政5年)
「東海道五十三次」の風景版画で有名な江戸出身の浮世絵師。
安藤 広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれる。
風景画家として当時、葛飾 北斎(かつしか ほくさい)と庶民の人気を二分した。
風景画「武州金沢八景」は原版が区内の寺院に収蔵されている。

このページへのお問合せ

金沢区総務部区政推進課広報相談係

電話:045-788-7723

電話:045-788-7723

ファクス:045-784-9580

メールアドレス:kz-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:619-867-680

先頭に戻る