このページの先頭です

泉区の相模凧を支える人たち

最終更新日 2019年1月25日

伝統文化の魅力にひかれ、実際に活動中の皆さんからお話を聞きました。

広報よこはま平成23年10月号から

相模凧いずみ保存会

独特のうなりを響かせ、空高く舞う相模凧

完成した相模凧と保存会員
相模凧が出来上がり笑顔(左は相川会長)

泉区の相模凧は400年の歴史があると伝えられ、豊作や子どもの健やかな成長を願い、端午の節句に揚げる伝統文化です。

「子どものころに聞いたビューンという独特のうなりを、今の子どもたちに伝えたいと思いました。
平成23年5月の凧揚げ会では、会場にいたみんなが、大凧の動きに合わせて一喜一憂、一緒になって凧が揚がるのを喜んでくれているのがわかってうれしかったです。

平成22年から保存会の活動を引き継いだばかりで、メンバーはまだ8人。一緒に活動するメンバー大募集中です。工作が好きな人、田んぼを走り回りたい人、初心者大歓迎です。私も2年前はまったくの初心者ですから」と語る泉区育ちの和泉っ子相川会長。


問合せ先

  • 地域振興課区民事業担当(3階309番
  • 電話:045-800-2392
  • FAX:045-800-2507

お気軽にお問合せください

このページへのお問合せ

泉区総務部地域振興課

電話:045-800-2391

電話:045-800-2391

ファクス:045-800-2507

メールアドレス:iz-chishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:516-861-154

先頭に戻る