このページの先頭です

令和2年度 保土ケ谷区運営方針

最終更新日 2020年5月15日

基本目標

いつまでも住み続けたいまち ほどがや

区民に一番身近な行政機関として、区民・関係団体・企業等の皆様とのつながりを大切にし、誰もが住みやすく魅力あるまちづくりを推進します。新型コロナウイルス感染症により、毎日の暮らしにも大きな影響が出ています。このような時こそ区民の皆様にしっかりと寄り添い、信頼され親しまれる区役所であるよう、職員一丸となって業務に取り組んでまいります。

目標達成に向けた施策

暮らしの安全・安心の確保

災害対策として、引き続き自助・共助による減災運動を推進します。また、誰もが安全に安心して暮らせるよう、道路や公園等の維持管理、交通安全対策、防犯、感染症対策、食の安全、様々な困難を抱える家庭の社会的自立に向けた支援などに取り組みます。

誰もが健やかに暮らせる環境づくり

誰もが住み慣れたまちでいきいきと健康に暮らせるよう、地域における様々な団体と協働しながら、子育てしやすい環境づくり、生活習慣病予防、介護予防などに取り組みます。また、スポーツを通じた健康づくりを推進します。

つながり・支えあいの推進

自治会町内会をはじめとした幅広い分野の関係団体の皆様等との協働を推進するとともに、地域活動や団体間の連携強化を支援します。また、地域での見守り活動の推進や、高齢者や障害のある方への支援、地域の様々な活動の担い手の確保に取り組みます。

魅力あるまちづくり

自然や歴史・文化などの地域資源を生かした取組や鉄道駅周辺のまちづくり、交通ネットワークの向上、商店街振興、多文化共生の取組等、活力あるまちづくりを推進します。また、区の魅力を高めて発信し、地域への愛着を育みます。

目標達成に向けた組織運営

信頼される区役所づくり

来庁者へのサービスの充実

来庁者の用件等を丁寧に傾聴し、信頼され、親しまれるサービスを提供します。窓口サービスの効率化や利便性の向上を追求し、正確・適正な事務の執行を実践します。また、庁舎等の環境整備に取り組みます。

地域との協働の推進

地区担当を中心に、日ごろから地域へ出向き、地域の課題やニーズを的確に把握し、地域貢献に取り組んでいる区民・団体・企業・大学等の皆様と協働して解決に向けて取り組みます。また、地域・行政がともに地域づくりについて学び、地域団体間の情報共有を通じた連携を進めます。

「チーム保土ケ谷」

職員一人ひとりが“育てあい、学びあい”の姿勢を持ち、コミュニケーションを大切にして、区役所全体のチーム力を高めることで、効果的・効率的な事務執行につなげます。また、複合的な地域課題の解決に向けて、区役所各課が総合的に連携し、一丸となって取り組みます。

区役所各職場の取組目標

基本目標の実現に向けて、区役所一丸となって各施策を確実に進めるとともに、区民の皆様に信頼され、親しまれる区役所づくりをめざして職場ごとに取組目標を策定しております。詳細は令和2年度保土ケ谷区運営方針PDF版(PDF:978KB)をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

保土ケ谷区総務部区政推進課

電話:045-334-6227

電話:045-334-6227

ファクス:045-333-7945

メールアドレス:ho-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:785-587-617

先頭に戻る