このページの先頭です

公共事業のIT化(CALS/EC)とは

最終更新日 2020年5月15日

公共事業のIT化について

 公共事業の実施にあたっては、そのプロセスの各段階において、透明性、客観性、競争性を確保し、効率化を図るとともに、適切な工事品質の確保及びコスト縮減が求められています。
 このためには、公共事業の計画・設計・積算・調達・施工・維持管理といった各段階で発生する情報等を的確に管理・活用することが重要であり、「情報の電子化」、「通信ネットワークの利用」、「情報の共有化」といったITを活用したシステム(CALS/EC)の構築が必要不可欠といえます。
 このようなことから横浜市では、『公共事業のIT化(CALS/EC)』を導入・推進をしています。

「公共事業のIT化推進計画」について

 横浜市では、平成18年12月に策定した「横浜市中期計画(平成18年度~平成22年度)」の重点行財政改革項目のひとつとして、最適な主体・手法によるサービスの提供を掲げ、その中でIT(情報通信技術)を活用した業務の効率化(電子市役所推進計画による取組)を重点取組と位置づけて、ITを活用した効率的・効果的な行政運営を推進することとしています。横浜市における公共事業のIT化については、国土交通省のCALS/EC地方展開アクションプログラムなどに基づいて、『公共事業のIT化推進計画(CALS/EC)』を平成15年3月に策定し、横浜市電子市役所推進計画の一環として推進してきました。

 さらに平成19年3月には、公共事業のIT化の現状と課題を踏まえ、国土交通省の計画改訂や本市の中期計画および電子市役所推進計画とも連動して、従来の『公共事業のIT化推進計画(CALS/EC)』を更新しました。

 「公共事業のIT化(CALS/EC)」を円滑に導入していくためには、受発注者等関係者の共通理解が大変重要であることから、本市と関係業界団体代表者による「横浜市公共事業のIT化検討会」を設置し、情報交換・意見交換を通し、受注者側の意見を反映したものとなるよう努めてまいりました。
「公共事業のIT化推進2011」

このページへのお問合せ

財政局公共施設・事業調整室公共施設・事業調整課

電話:045-671-4084

電話:045-671-4084

ファクス:045-651-7599

メールアドレス:za-cals@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:900-128-447

先頭に戻る