このページの先頭です

収入証紙について

最終更新日 2019年5月1日

【重要なお知らせ】横浜市収⼊証紙の廃⽌について

横浜市では、令和2年(2020年)1⽉28⽇で収⼊証紙の販売を終了します。
                      

令和2年(2020年)1⽉29⽇以降の⼿数料の納付⽅法

現在、横浜市では、⼾籍や住⺠票など諸証明交付時の申請⼿数料について、自動発売機で購入いただいた収⼊証紙による納付をお願いしていますが、令和2年(2020年)1⽉29⽇以降も、戸籍・住民票や税関係の証明手数料等は、手数料支払機により現在と同様の手順でお支払いできます。
その他一部の手数料については、現⾦や納付書の⽅法に移⾏する予定です。(具体的な納付⽅法は、⼿数料の種類ごとに別途定めます。)
なお、一部の手数料については、電子マネーのお支払いも可能となります。

購⼊済みの収⼊証紙につきましては、制度の⾒直しに伴う経過措置として、令和3年(2021年)1⽉31⽇までは、各申請窓⼝において、従来どおり横浜市への⼿数料の納付に使⽤できます。
                       

未使⽤収⼊証紙の払い戻し

未使⽤でご使⽤の予定がない収⼊証紙(消印、汚損、き損のあるものを除く)につきましては、市庁舎会計室⼜は各区役所の区会計室で令和8年(2026年)1⽉31⽇まで払い戻しができます。
※払い戻し額が⼤きい場合などには、⼝座振替払いになります。
  詳細は、『3 不⽤となった収⼊証紙の払い戻しについては︖』をご覧ください。

               
     
                               

1 収入証紙とは?

横浜市に納付する手数料のうち、横浜市収入証紙条例施行規則に定められた手数料については、横浜市の収入証紙でお納めいただくことになっております。
収入証紙の種類は、額面が10円から最高10,000円まで用意しています。形状は窓⼝販売⽤のもの(甲種)と⾃動発売機⽤のもの(⼄種)がありますが、どちらも使⽤する際に区別はありません。

2 市庁舎での収入証紙の販売窓口は?

横浜銀⾏横浜市庁⽀店(市庁舎1階)の収⼊証紙販売窓⼝

午前9時から午後4時まで

横浜銀⾏横浜市庁⽀店(市庁舎1階)のキャッシュサービスコーナーの収⼊証紙⾃動発売機

午前9時から午後5時15分まで(ただし、販売券種が限られます)

市庁舎会計室会計管理課会計係

午前8時45分から午前9時まで、及び午後4時から午後5時15分まで

その他の場所

建築確認申請等で必要な収⼊証紙につきましては、建築局情報相談課(中区相生町3-56-1 JNビル5階)でも販売しております。

その他、各区役所、行政サービスコーナーでも販売しておりますが、⾼額の⾦種につきましては、取り扱っていない場合もありますので、販売している⾦種については、予め各販売窓⼝までご確認ください。

⼀度購⼊された横浜市収⼊証紙は、次のようなやむを得ない場合に、払い戻しを⾏っています。

  1. ⼿数料を⽀払う必要がなくなった場合(収⼊証紙廃⽌により不⽤となった場合を含む)
  2. 収⼊印紙(国税)、神奈川県収⼊証紙などと間違えて横浜市収⼊証紙を購⼊された場合

なお、横浜市で引換えできるのは、「横浜市収入証紙」に限ります。
お持ちの収入証紙に「横浜市収入証紙」と印刷されているか、御確認ください。

横浜市収入証紙見本
窓口発売用自動発売機用

        証紙シート

      
       証紙ロール

払い戻しを希望する場合は、次のものを⽤意して市庁舎会計室⼜は各区役所の区会計室までお越しください。
※汚損の激しいものは、払い戻しをお断りする場合がありますので、事前にお問い合わせください。

  • 不⽤となった横浜市収⼊証紙
  • ご購⼊時に発⾏された領収書(ある場合のみ)
  • 法人名で申請の場合は、法人の代表者印(現金払いの場合は不要)
  • 返金用の申請者の銀行口座(法人申請の場合は、法人名義の口座が必要です。)

※なお、払い戻しは、⼝座振替払い⼜は現⾦払いとなります。⼝座振替払いの場合は、振込まで3週間程かかりますのでご了承をお願いいたします。
※領収書をお持ちでない⽅、払い戻し額が⼤きい⽅、⼤量の横浜市収⼊証紙を持ち込まれた⽅など、⼝座振替払いとなる場合があります。

郵送による収⼊証紙の払い戻し⼿続きについて

市庁舎会計室⼜は各区役所の区会計室にお越しになるのが難しい⽅は、次の内容にご了解いただける場合、郵送での申請も受付けます。
「収⼊証紙引換申請領収書」に必要事項を記⼊し、「横浜市収⼊証紙」及び「ご購⼊時に発⾏された領収書(ある場合のみ)」を添えて、令和8年(2026年)1⽉31⽇までに横浜市へ到着するよう送付してください。(期限内必着です。当⽇消印有効ではありません。)

【注意事項】

  1. 横浜市収⼊証紙であることを再度ご確認ください。(神奈川県や他の⾃治体の証紙は受付できません)
  2. 汚損の激しいものは、払い戻しをお断りする場合があります。
  3. 払い戻しは、⾦額にかかわらず申請者本⼈の⼝座振替となります。
  4. 申請書(横浜市収⼊証紙を添付)は、郵送物を受領することで受付となります。
    通常ないことではありますが、郵送の不達や封⼊誤りがあった場合は、本市ではその責任は負いかねますので、その旨ご了承ください。
  5. 申請書受領後、振込までに通常2〜3週間かかります。
  6. 送料は申請者様のご負担となります。

【宛先】
〒231-0017
横浜市中区港町1-1
横浜市会計室会計管理課会計係
※封筒に「収⼊証紙引換申請領収書在中」と朱書きしてください。

【収⼊証紙引換申請領収書のダウンロード】
申請書(PDF:65KB)
記載例(PDF:186KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

会計室会計管理課

電話:045-671-2989

電話:045-671-2989

ファクス:045-664-1894

メールアドレス:kk-koukyou@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:604-630-358

先頭に戻る