このページの先頭です

横浜市文化芸術創造都市施策の基本的な考え方

最終更新日 2019年3月18日

「横浜市文化芸術創造都市施策の基本的な考え方」を策定しました

横浜市では、「文化芸術振興」と「創造都市施策」を一体的に促進し、さらなる相乗効果を発揮するため、文化芸術創造都市に関する今後の施策展開の基本的な考え方として、「横浜市文化芸術創造都市施策の基本的な考え方」を策定しています。
策定にあたっては、市民意見募集(パブリックコメント)を実施し、いただいたご意見を反映、また今後の参考とさせていただいております。

「横浜市文化芸術創造都市施策の基本的な考え方」の概要

  1. 「横浜市文化芸術創造都市施策の基本的な考え方」について
  2. 本市を取り巻く状況
  3. 文化芸術・創造都市施策を推進する意義

基本理念及び基本方針

基本方針1

市民の文化芸術活動を支援し、心豊かな市民生活の実現を目指します。

基本方針2

子どもたちをはじめとする次世代育成を進めます。

基本方針3

アーティスト・クリエーターを支援し、創造性を生かしたまちづくりを進めます。

基本方針4

賑わいづくり・観光MICE振興にもつながる、横浜らしい先進的な文化芸術を国内外に発信します。

「横浜市文化芸術創造都市施策の基本的な考え方」冊子データ

詳細は冊子データ(PDF:9,273KB)をご覧ください。
(英語版:Outline of Yokohama City’s Policy Regarding Culture, Art and Creative City Measures(PDF:10,108KB)

ご意見募集(パブリックコメント)概要

たくさんのご意見をお寄せいただき、有り難うございました。

実施期間

平成24年10月1日(月曜日)~平成24年11月19日(月曜日)

周知方法

  • 広報よこはま10月号での周知
  • 横浜市ホームページ上での周知
  • 素案リーフレットの配布(市民情報センター(市庁舎)、各区役所、地区センター、市内文化施設等)

意見提出者数

58人(意見数120件)

実施結果

基本方針を中心に、「子どもたちの文化芸術体験活動の充実」や「情報発信の強化」などをはじめとする、21件(17%)の意見について、ご意見の趣旨を踏まえ原案に反映しました。
その他のご意見についても、今後の事業や取組の参考とさせていただきます。
詳細は、市民意見募集(パブリックコメント)結果と回答(PDF:368KB)をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

文化観光局横浜魅力づくり室企画課

電話:045-671-4123

電話:045-671-4123

ファクス:045-663-7880

メールアドレス:bk-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:753-325-553

先頭に戻る