このページの先頭です

障害者である職員の任免状況について

最終更新日 2021年12月21日

令和3年6月1日現在の横浜市の障害者である職員の任免の状況は、次のとおりです。

A 任免状況
(1) 職員の数
a 職員の数(短時間勤務職員を除く) 50,792人
b 短時間勤務職員の数 1,942人
c 職員の総数=a+(b×0.5) 51,763人
(2) 除外職員の数
d 除外職員の数(短時間勤務職員を除く) 3,867人
e 短時間勤務除外職員の数 0人
f 除外職員の総数=d+(e×0.5) 3,867人
(3) 旧除外職員の数
g 旧除外職員の数(短時間勤務職員を除く) 18,140人
h 短時間勤務旧除外職員の数 254人
i 旧除外職員の総数=g+(h×0.5) 18,267人
(4) 身体障害者、知的障害者又は精神障害者である職員の数
(イ) 重度身体障害者229人(16)
(ロ) 重度身体障害者以外の身体障害者 270人(15)
(ハ) 重度身体障害者である短時間勤務職員 *人(0)
(ニ) 重度身体障害者以外の身体障害者である短時間勤務職員 *人(0)
(ホ) 身体障害者の数=(イ×2)+ロ+ハ+(ニ×0.5) 730.5人(47)
(ヘ) 重度知的障害者 0人(0)
(ト) 重度知的障害者以外の知的障害者 76人(15)
(チ) 重度知的障害者である短時間勤務職員 0人(0)
(リ) 重度知的障害者以外の知的障害者である短時間勤務職員 0人(0)
(ヌ) 知的障害者の数=(ヘ×2)+ト+チ+(リ×0.5) 76人(15)
(ル) 精神障害者 110人(35)
(ヲ) 精神障害者である短時間勤務職員 0人(0)
(ワ) ※2に該当する者の数 0人(0)
(カ) 精神障害者の数=ル+{(ヲ-ワ)×0.5}+ワ 110人(35)
※ (4)欄の(  )内には、内数として、本年6月1日以前1年間に新規に雇い入れた者の数を記載
B 上記に基づく計算
(5) 現在設定されている除外率 20%
(6) 基準割合={(3)i/((1)c-(2)f)}×100 38%
(7) (6)に基づく除外率 15%
(8) 適用される除外率 20%
(9) 法定雇用障害者数の算定の基礎となる職員の数=(1)c-(2)f-{((1)c-(2)f)×(8)} 38,317人
(10)障害者計=(4)ホ+(4)ヌ+(4)カ 916.5人
(11)実雇用率=((10)/(9))×100 2.39%
(12)法定雇用障害者数を達成するために採用しなければならない身体障害者、知的障害者又は精神障害者の数 79.5人
C 障害者の雇用の促進等に関する法律別表に掲げる種類別の身体障害者数
視覚障害者(第1号に該当する者)
視力障害 36人
視野障害 15人
聴覚又は平衡機能障害者(第2号に該当する者)
聴覚機能障害 62人
平衡機能障害 *人
音声・言語・そしゃく機能障害者(第3号に該当する者) *人
肢体不自由者(第4号に該当する者)
上肢不自由 107人
下肢不自由 139人
体幹機能障害 14人
上肢機能障害 *人
移動機能障害 *人
内部障害者(第5号に該当する者)
心臓機能障害 58人
じん臓機能障害 38人
呼吸器機能障害 *人
ぼうこう又は直腸機能障害 11人
小腸機能障害 *人
免疫機能障害 *人
肝臓機能障害 *人

※ *は少数であるため、特定の者が障害者であること及びその障害の程度等が推認されるおそれがあるため非公表。

障害者任免状況通報書(令和3年6月1日)(PDF:206KB)

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

総務局人事部人事課

電話:045-671-2072

電話:045-671-2072

ファクス:045-662-7712

メールアドレス:so-jinji@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:289-954-105

先頭に戻る