このページの先頭です

エンディングノートを書いたことを「伝えるカード」を配付します

最終更新日 2019年9月6日

記者発表資料

令和元年9月6日

磯子区高齢・障害支援課

清水純子

電話番号:045-750-2492

ファクス:045-750-2540

エンディングノートは、「書くこと」と書いたことを家族等に「伝えること」がとても大切です。しかし、本人が健在なときにノートを書いたことを家族等に伝えていない場合も想定されます。磯子区では、万一のときに家族等がノートを見つけやすくなるよう、ノートを書いたことを記し、保管していただくカードを作成しました。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

磯子区福祉保健センター高齢・障害支援課

電話:045-750-2490

電話:045-750-2490

ファクス:045-750-2540

メールアドレス:is-koreisyogai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:264-296-507

先頭に戻る