このページの先頭です

横浜市市民文化会館関内ホールの指定管理について

最終更新日 2020年4月2日

第4期指定管理期間(令和3年4月1日から令和8年3月31日までの5年間)

【中止】横浜市市民文化会館関内ホール指定管理者選定評価委員会の傍聴について

以下の委員会については、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を中止します。

  1. 開催日時 令和2年4月9日(木曜日)午前9時30分から
  2. 受付 午前9時20分から

横浜市市民文化会館関内ホール指定管理者選定評価委員会

委員一覧
役職氏名所属
委員伊藤 裕夫日本文化政策学会顧問
委員大野 幸子和光大学経済経営学部准教授
委員佐々木 岳

公益財団法人蔵野文化事業団常務理事・事務局長

委員関谷 裕子税理士

第3期指定管理期間(平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間)

横浜市市民文化会館関内ホール指定管理者選定評価委員会の傍聴について

  1. 開催日時 平成30年11月27日(火曜日)15時00分から
  2. 受付 14時45分から(※14時55分より入室可能)
  3. 開催場所 横浜市市民文化会館関内ホール地下1階リハーサル室2(横浜市中区住吉町4-42-1)
  4. 議題 委員長選任、平成29年度指定管理業務評価
  5. 定員 5人(先着順)
  6. 受付期間 平成30年11月26日(月曜日)17時00分まで
  7. 申込方法 氏名(団体等での申込みの場合は、団体名及び所属名も明記)、住所、電話番号を明記の上、FAXにてお申し込みください。(様式自由)

※公共交通機関でお越しください。
※委員会の決定により一部非公開となる場合があります。

指定候補者の選定結果について

横浜市市民文化会館関内ホールの平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間の指定管理者の指定に係る申請について、総合的に審査した結果、次の団体を指定候補者に選定しました。
【応募団体数】1団体
【指定候補者】株式会社tvkコミュニケーションズ・株式会社テレビ神奈川・株式会社相鉄エージェンシー・株式会社清光社・公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 共同事業体
審査報告書(PDF:601KB)
今後、指定候補者は、横浜市会で議決されることにより、指定管理者として正式に選定されます。
指定管理者の指定議案は、第4回市会定例会(12月)に上程予定です。

公募に関する質問の回答について

質問受付期間に頂いた、公募に関する質問に回答します。
横浜市市民文化会館関内ホール第3期指定管理者公募に係る質問及び回答(PDF:104KB)

第3期公募要項・応募関連書類

横浜市市民文化会館関内ホール指定管理者選定評価委員会

委員一覧
役職氏名所属
委員長伊藤 裕夫日本文化政策学会会長
委員天野 克己八王子市芸術文化会館館長
委員大野 幸子和光大学経済経営学部専任講師
委員関谷 裕子税理士

平成27年度横浜市市民文化会館指定管理者選定評価委員会

  1. 開催日時 平成27年7月7日(火曜日)13時30分~16時00分
  2. 開催場所 横浜市文化観光局局会議室
  3. 議題 公開ヒアリング、本審査
  4. 会議録 平成27年度第1回横浜市市民文化会館指定管理者選定評価委員会会議録(PDF:214KB)

平成26年度横浜市市民文化会館指定管理者選定評価委員会

  1. 開催日時 平成27年3月26日(木曜日)13時30分~15時30分
  2. 開催場所 横浜市文化観光局局会議室
  3. 議題 委員長の選任、公募要項等の確定等
  4. 会議録 平成26年度第1回横浜市市民文化会館指定管理者選定評価委員会会議録(PDF:87KB)

指定期間

平成28年4月1日から平成33年3月31日まで

公募及び選定方法

指定管理者の公募及び選定は、「横浜市市民文化会館関内ホールの指定管理者の候補者の選定等に関する要綱」に基づき公募を行い、「横浜市市民文化会館関内ホール指定管理者選定評価委員会運営要綱」に基づき設置される「横浜市市民文化会館関内ホール指定管理者選定評価委員会」において、書類及び面接等に基づく審査を実施し、応募者の中から関内ホールの設置目的を最も効果的に達成することができると認められる団体を選定します。
選定結果は、応募書類を提出した応募者に対して速やかに通知し、選定の経過及び結果は、指定管理者選定後、横浜市文化観光局のホームページへの掲載等により公表します。
その後、横浜市会の議決を経て、指定管理者として指定します。

施設概要

施設概要
項目内容
名称横浜市市民文化会館関内ホール
所在横浜市中区住吉町4-42-1
施設規模鉄筋コンクリート造、地上4階地下2階建(専有延床面積:8967,51平方メートル)
施設内容大ホール(1,102席)、小ホール(264席)、リハーサル室(4室)、楽屋(大ホール4室、小ホール1室)

指定管理者が行う業務

  1. 文化事業に関する業務
  2. 施設の運営に関する業務
  3. 施設の管理に関する業務
  4. 日報及び月間事業報告書の作成
  5. 年間事業計画書及び年間事業報告書の作成
  6. 業務評価に関する業務
  7. 指定期間終了にあたっての業務
  8. その他日常業務の調整

問合せ先

〒231-0017 横浜市中区尾上町1-8 関内新井ビル6階
横浜市文化観光局文化振興課(施設担当)
電話:045(671)3861 ファクス:045(663)5606

第2期指定管理期間(平成23年4月1日から平成28年3月31日までの5年間)

指定期間

平成23年4月1日から平成28年3月31日まで

応募資格

法人その他の団体(個人での応募は不可)

公募方法

公募型プロポーザル方式による提案審査を実施します。「横浜市市民文化会館関内ホールの指定管理者の指定の手続きに関する要綱」に基づき、横浜市市民文化会館関内ホール指定管理者審査委員会を設置し、公募要項、業務の基準、提案課題に基づいて、提案書類の審査を行います。審査結果は、提案書類を提出した応募者に対して速やかに通知します。また、審査の経過及び結果は、本ホームページへの掲載等により公表します。

横浜市市民文化会館指定管理者審査委員会

委員一覧
役職氏名所属
委員長岸川 善光横浜市立大学教授
委員石田 一志音楽評論家、くらしき作陽大学教授
委員中村 晃也昭和音楽大学教授
委員宮本 とも子オルガニスト、フェリス女学院大学教授

第1回審査委員会(平成21年11月2日(月曜日))

岸川委員長を選任するとともに、横浜市市民文化会館関内ホールの指定管理者の公募方針及び公募要項等の検討を行った。

公開ヒアリング(平成22年1月18日(月曜日))

提案書類を提出した1団体が、審査委員と傍聴者の前で関内ホールの管理運営に関する質疑応答を行った。

第2回審査委員会(平成22年1月18日(月曜日))

公開ヒアリング及び書類選考により優秀提案者を選定した。
※審査委員会審査報告書(PDF:197KB)

問合せ先

横浜市文化観光局文化振興部文化振興課
〒231-0017 横浜市中区港町1-1
電話:045(671)2289 ファクス:045(663)5606

参考資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

文化観光局文化芸術創造都市推進部文化振興課

電話:045-671-3714

電話:045-671-3714

ファクス:045-663-5606

メールアドレス:bk-bunka@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:704-427-862

先頭に戻る