このページの先頭です

開放試験室

最終更新日 2022年6月9日

工業技術支援センター5階に開放試験室がグランドオープンしました。
複数の分析機器を利用し依頼者ご自身で測定できます。

設置機器一覧

エネルギー分散型蛍光X線分析装置

原子番号6番の炭素Cから原子番号92番のウランUまでの元素分析を行うことができ、RoHS規制対象であるカドミウムCd,鉛Pb,水銀Hg,クロムCr,臭素Brの5元素に加えアンチモンSbや樹脂中の塩素Clのスクリーニング分析に対応可能です。

分光測色計

サンプルに光を照射しその反射率を測定することでX,Y,ZやL*,a*,b*などの三刺激値を得ることができます。

皮膜抵抗器

4探針法を用いて金属薄膜等のシート抵抗又は抵抗率を高精度に測定することができます。

紫外可視分光光度計

紫外から可視領域の光をサンプルに照射して透過率または吸光度を測定することができます。

フーリエ変換赤外分光分析装置

試料に赤外光を照射し、透過した光を測定することで、主に有機物の成分分析を行うことができます。

手数料

料金表(単位:円) ※1試料1測定点についての料金
  市内中小企業 市内大企業(1.3倍) 市外企業(1.5倍)
エネルギー分散型蛍光X線分析装置 1,600 2,100 2,400
分光測色計 800 1,100 1,200
皮膜抵抗器 800 1,100 1,200
紫外可視分光光度計 900 1,200 1,400
フーリエ変換赤外分光分析装置 3,400 4,500 5,100

開放試験室のリーフレットをダウンロードできます。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局中小企業振興部工業技術支援センター

電話:045-788-9000

電話:045-788-9000

ファクス:045-788-9555

メールアドレス:ke-kogyogijutsu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:629-915-841

先頭に戻る