このページの先頭です

サウンディング調査の実施

最終更新日 2019年2月21日

 南部市場の「賑わいエリア」 における事業者公募に向けて、民間事業者の皆さまとの「対話」 を実施しました。
 横浜市では、中央卸売市場としての機能を廃止する予定の南部市場跡地の一部(賑わいエリア)において、観光客や一般消費者向けの「賑わいの場」としての活用を検討しています。
 「賑わいエリア」での事業については、土地を20年間の事業用定期借地として本市から借り受け、施設の設計・建設、維持管理・運営等を行う事業者を公募する予定です。
 事業者公募に先立ち、民間事業者の皆さまの意向等を把握しながら、公募に向けた条件整理を行うことを目的に、皆さまとの対話を実施しました。

事前説明会・現地見学会の開催(事前申込制) 【終了しました】(平成26年12月12日)

  1. 日時:平成26年12月12日(金曜日)午後1時から 終了後に現地見学会(希望者のみ)
  2. 場所:横浜市中央卸売市場南部市場 管理棟2階会議室
  3. 申込期日:平成26年11月25日(火曜日)から12月11日(木曜日)午後5時まで
  4. 申込先:ke-nigiwai@city.yokohama.jp

対話の実施(事前申込制) 【終了しました】(平成27年1月15日~2月13日)

  1. 日時:平成27年1月15日(木曜日)から1月22日(木曜日)の間(30分~1時間程度:申込後、個別に調整)
  2. 対象者:事業の実施主体等となる意向を有する法人又は法人のグループ
  3. 申込期間:平成26年12月12日(金曜日)から1月8日(木曜日)午後5時まで

対話の内容

 南部市場は、昭和48年の開設から40年以上地元に生鮮食料品等を提供してきたことから、市場の跡地で整備する「賑わいの場」については、次の内容が期待されています。

  • 「食」の拠点としてのイメージを活かす
  • 「食」の魅力を発信し堪能できる
  • 地域の方々との共存と、周辺の観光施設と連携し、横浜の食の魅力を発信する

 対話では、利活用の方法・可能性等について、主に次の項目により御意見をお聞きします。

  • 用途及び想定規模
  • 活用イメージや「食」以外に想定される内容
  • 既存施設の影響や活用方法
  • 市場関係事業者との連携方法
  • 周辺の観光施設との連携方法
  • 事業を実施するにあたっての希望等

実施要領

記者発表資料

実施結果

対話実施日:平成27年1月15日~2月13日
参加事業者:10社(デベロッパー、建設業、商業等)

対話で示された主な意見
項目 主な意見
立地 商圏人口は地方より多く成立性は高いが、海と工場に囲まれているデメリットもある
敷地・建物の規模 広さは十分なので、この範囲内で整備は可能
「食」中心の土地活用

「食」だけで埋めるのは難しい。他の機能(※)を入れることが必要
※ショッピングセンター、ホームセンター、温浴施設等

既存施設の活用 管理棟・関連棟共に不要(一部、関連棟活用案あり)
車両動線 正門からの「中央の2本の動線」は支障になるので、移設が望ましい
関連事業者の入居条件

新しい建物に一般より低い賃料で入居させる場合、採算確保が厳しい
賑わいエリアの賃借料について配慮して欲しい

市場関係者との連携 「食」をテーマとした市場関係者との連携は十分に可能

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局中央卸売市場本場南部市場活用課

電話:045-459-3313

電話:045-459-3313

ファクス:045-459-3307

メールアドレス:ke-nambu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:750-103-539

先頭に戻る