このページの先頭です

国家戦略特区について

最終更新日 2021年6月24日

国家戦略特区とは、日本経済の再興のため、産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成に向けた大胆な規制・制度改革を実行するための突破口で、国が主導し国・地方・民間が一体となって、プロジェクトを推進するものです。
横浜市は、平成25年9月、国家戦略特区に関する提案(神奈川県・横浜市・川崎市による3県市共同提案と横浜市独自提案)を国に提出しました。その後、国において国家戦略特区の指定に向け法の整備や基本方針の策定を行い、平成26年5月1日に政令により横浜市を含む神奈川県が東京圏の一部として国家戦略特区に指定されました。
横浜市は、今回の指定を横浜のさらなる飛躍に向けた大きなチャンスとして、特区での規制緩和や制度改革を最大限に活かし、国・民間事業者の皆様と御一緒に、横浜の経済成長を日本の経済成長につなげるよう取組を進めます。

横浜市からのお知らせ

記者発表

国家戦略特区について

会議等について(内閣府のHPへ)

規制緩和等のサポート支援について

  • 横浜市では、国家戦略特区制度を活用した事業の実施を検討されている事業者等の皆様からのご相談を受け付けています。担当部署までお電話にてお問い合わせください。[担当部署:横浜市経済局新産業創造課 TEL045‐671‐3487]

国家戦略特区について

国家戦略特区に関する法令や閣議決定などの制度に関する事項、国の検討状況についてはこちらのページをご参照ください。

会議・イベント等について(内閣府のHPへ)

横浜市の提案について

横浜市独自提案

神奈川県・川崎市・横浜市の3県市共同提案

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

経済局イノベーション都市推進部新産業創造課

電話:045-671-3487

電話:045-671-3487

ファクス:045-664-4867

メールアドレス:ke-shinsangyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:863-186-667

先頭に戻る