このページの先頭です

シックハウスに関する検査

最終更新日 2018年10月12日

中間検査及び完了検査の際、シックハウスに関する建築材料及び換気設備について、次の方法でチェックさせていただきます。

  • チェックシート(建築基準法第12条第5項に基づく(工事監理・工事状況)報告書)
    A4裏面のシックハウスの項目・・・適合・不適合・未施工にチェックしてください。
  • 現場での検査員による目視
    検査時に材料の等級表示により確認をおこないます。
    現場での目視確認が出来ない部分等について、資料の提出を求める場合があります。
  • 換気設備の機器の報告(法12条第5項に基づく報告)
    確認時に機種が未決定の場合や、機種変更がある場合等、資料の提出を求める場合があります。
    提出する資料・・・設計の換気回数が確保できる換気設備機器の資料(カタログ等)

その他の注意事項

  • クロルピリホス不使用の場合は、チェックシートの「適合」にチェックしてください。
  • 換気経路に建具がある場合はアンダーカット(1cm程度)やガラリの設置が必要です。
  • 建築材料や換気設備を変更して使用する場合は、事前に計画変更手続きをしてください。
    (例1)使用材料の種別が、例えば規制対象外からF☆☆☆に変更になる場合
    (例2)換気経路や換気方式が変更になる場合
  • 認証建築物や仮設建築物もシックハウスの対象建築物です。
  • 建築基準法施行規則の改正(平成23年5月1日)に伴い、写真報告は不要となります。

このページへのお問合せ

建築局建築指導部建築指導課

電話:045-671-4531

電話:045-671-4531

ファクス:045-681-2437

メールアドレス:kc-shidotanto@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:143-807-169

先頭に戻る