このページの先頭です

旭区大なわとび大会

最終更新日 2024年2月16日

概要

様々な年齢の子どもたちや親が一緒になってひとつのことに集中することで、チームワークの大事さや、思いやり、励まし合ったりすることなどの心の成長を育み、青少年の健全育成を図ることを目的としています。また、地域の青少年活動の活性化を図ることを目的としています。
各地区の「地区大会」で選出された代表チームを対象として、旭区大なわとび大会を開催しています。
1チームの人数は5人から9人で、【小学校低学年の部】、【小学校高学年の部】、【混合の部(注)小学生と中学生以上の人で構成】があり、3分間の制限時間内に跳ぶ回数を競います。

令和5年度開催実績

新型コロナウイルス感染症の影響で中止していた「大なわとび大会」を4年ぶりに開催しました。
大人も子どもも楽しみながらも真剣に参加し、冬の体育館が熱気で包まれました。
大会結果と当日の様子をぜひご覧ください!

第18回旭区大なわとび大会
項目内容
日時令和6年2月3日(土曜日) 12時から14時30分
場所旭スポーツセンター
参加チーム・参加者数全30チーム・269人(応援者は含まず)

入賞地区
 小学校低学年の部小学校高学年の部混合の部    
優勝旭南部地区(51回)万騎が原地区(223回)万騎が原地区(142回)
2位若葉台地区(49回)川井地区(105回)旭南部地区(137回)
3位万騎が原地区(33回)旭南部地区(62回)市沢地区(103回)

全部門の大会結果はこちら▼

令和4年度「旭区モルック大会」開催実績

令和4年度は、大なわとび競技の性質上新型コロナウイルス感染防止対策を十分にとることができないとの理由から、「旭区大なわとび大会」の実施は見送り、代替事業として、「旭区モルック大会」を実施しました。

令和4年度開催実績
項目内容
開催日時令和5年2月4日(土曜日)9時50分から13時30分
会場旧若葉台西中学校グラウンド
参加者数46チーム・202名(応援者は含まず)

令和元年度「旭区大なわとび大会」開催実績

令和元年度入賞地区
順位小学校低学年の部小学校高学年の部混合の部
1位万騎が原(363回)万騎が原(1122回)二俣川(133回)
2位川井(72回)希望が丘東(540回)二俣川ニュータウン(101回)
3位

白根(59回)

左近山(197回)白根(88回)

大会結果(PDF:124KB)

令和元年度開催実績
項目

内容

開催日時

令和2年2月8日(土曜日)13時00分から16時00分

会場旭スポーツセンター
参加者数42チーム・366名(応援者は含まず)

大なわとび大会の写真

写真は大なわを跳んでいる様子

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

旭区総務部地域振興課

電話:045-954-6099

電話:045-954-6099

ファクス:045-955-3341

メールアドレス:as-seishi@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:404-309-544

先頭に戻る