このページの先頭です

ジュニアボランティア体験事業~民生委員とともに~

子ども達に「思いやりや感謝の気持ちを、育んでほしい」という願いを込めて

最終更新日 2022年4月6日

事業概要

内容

本事業は、旭区内の市立小学校(全24校)5・6年生を対象に、「ジュニアボランティア」を募集し、民生委員・児童委員、主任児童委員(以下「民生委員」といいます。)と一緒に、福祉活動や地域活動へ参加するものです。
毎年5月頃に、民生委員が、区内市立小学校にジュニアボランティア募集を依頼し、各学校でのとりまとめを、お願いしています。
様々な活動を通して「福祉」や「ボランティア」について学び、参加した皆さんの「思いやり」や「感謝の気持ち」を育む機会になっています。

歴史

本事業は、旭区民生委員児童委員協議会(以下「民児協」といいます。)が平成12年から実施しており、旭区独自の事業として全国的にも注目され、平成25年12月には地域社会づくりに貢献した功績に対して「社会福祉功労者厚生労働大臣表彰」を受賞しました。
また、活動は小学校、自治会町内会、地区社会福祉協議会(以下「地区社協」といいます)や福祉施設などの協力を得て、地域全体で取り組んでいます。

活動紹介

福祉活動や地域活動への参加

各地区民児協で企画した地域の「福祉活動」「地域活動」に民生委員とともに参加します。

全体行事

ジュニアボランティア就任式

活動への理解や関心を深めることを目的に、ジュニアボランティアを対象に就任式を実施します。
令和3年度は、7月30日(金曜日)旭地区センター・サンハートにて、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、午前回と午後回に地区を分けて、分散開催されました。ジュニアボランティア、民生委員、学校関係者等が参加し、区長から代表児童への参加賞(オリジナルバンダナ)の交付が行われました。

ジュニアボランティア体験発表会

活動での体験を振り返り、学びを深めることを目的に、実施します。
令和3年度は、12月5日(日曜日)旭公会堂にて、午前回と午後回の2回に地区を分けて行いました。
今年度はスライドショー形式で行い、ステージ上に活動写真が映し出される中、各地区の代表児童が活動を紹介しました。
下記の「令和3年度ジュニアボランティア体験発表会」報告書から、発表会にて紹介された各地区の活動写真と、代表児童が発表した活動内容をご覧いただけます。

体験感想文集の刊行

ジュニアボランティアとして活動した貴重な体験を「体験感想文集」としてまとめ、ジュニアボランティアをはじめ、民生委員、学校関係者、地区社協、地域等にお配りします。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

旭区福祉保健センター福祉保健課

電話:045-954-6101

電話:045-954-6101

ファクス:045-953-7713

メールアドレス:as-fukuho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:797-343-277

先頭に戻る