このページの先頭です

横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた瀬谷区アクションプラン

最終更新日 2022年3月26日

瀬谷区アクションプラン

 横浜市では、団塊世代の方が75歳以上の後期高齢者となる令和7年(2025年)には、65歳以上高齢者が約100万人(高齢化率:26.1%)に達すると見込まれています。瀬谷区においては、令和7年(2025年)には、65歳以上高齢者が約3.5万人(高齢化率:29.3%)に達すると見込まれています。
 瀬谷区にお住まいの方が高齢になっても住み慣れた地域で、自らの意思で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けるため、地域の中でのお互いの助け合いや医療・介護が一体となって高齢者を支える仕組み(地域包括ケアシステム)を構築するため「横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた瀬谷区アクションプラン」を策定しました。
 医療や介護の専門職だけでなく、瀬谷区にお住まいの皆様と協力しながら、「誰もがいつまでも安心して暮らせる瀬谷」を目指して取組を推進してまいります。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

瀬谷福祉保健センター高齢・障害支援課

電話:045-367-5716

電話:045-367-5716

ファクス:045-364-2346

メールアドレス:se-koreisyogai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:188-064-186

先頭に戻る