このページの先頭です

横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた瀬谷区行動指針

最終更新日 2019年5月24日

瀬谷区行動指針

横浜市では、平成25(2013)年に超高齢社会を迎え、団塊世代の方が75歳以上高齢者(以下、後期高齢者)となる平成37(2025)年には、65歳以上高齢者が約100万人(高齢化率:28.9%)に達すると見込まれています。そのため、医療・介護・介護予防・住まい・生活支援が包括的に確保される「横浜型地域包括ケアシステム構築に向けた行動指針」が策定されました。
瀬谷区の状況としては、高齢化率が26.7%と市の平均を上回り、その中でも後期高齢者の高齢化率は13.5%と他区と比較して高くなっています。平成37(2025)年には、さらに高齢者が増加するとともに、生産年齢人口が減少することが見込まれています。このような状況を意識し、関係者(行政、医療・福祉関係機関、ボランティア等)がそれぞれの立場で目指すべき方向性を共有するとともに、地域活動団体又は自治会・町内会等住民と連携し、取り組むための瀬谷区行動指針を策定します。
高齢者の方でも“誰もがいつまでも安心して暮らせる瀬谷”を目指し、瀬谷区らしい地域包括ケアを推進していきます。

瀬谷区行動指針冊子版表紙
瀬谷区行動指針冊子版の表紙

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

瀬谷区福祉保健センター高齢・障害支援課

電話:045-367-5713

電話:045-367-5713

ファクス:045-364-2346

メールアドレス:se-koreisyogai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:188-064-186

先頭に戻る