このページの先頭です

災害時の医療について

最終更新日 2022年1月24日

災害時は緊急度・重症度に応じた医療機関へ

発災時に負傷者が医療機関に殺到して混乱が起きることを避けるため、受診については、ケガ等の緊急度・重症度に応じて医療機関を選択することになっています。診療可能な医療機関は、「診療中」ののぼり旗を掲げます。被災を免れ、開局している薬局は「開局中」の黄色い旗を掲げます。
地域防災拠点や避難所等では、軽症者に対して「医療救護隊」が診療を行います。医療救護隊は、地域の医師・看護師・薬剤師などで編成され、巡回診療あるいは定点診療を行います。

saigaikeihatu


Yナース(横浜市災害支援ナース)募集中!

栄区では災害時に地域防災拠点で医師・薬剤師などによって構成される「医療救護隊」の看護師として活動いただける方を募集しています。
地域防災拠点や避難所では、軽症者に対して「医療救護隊」が診療を行います。医療救護隊は、地域の医師・看護師・薬剤師などで構成され、巡回診療あるいは定点診療を行います。

waina-su


Yナースとは?

大震災発生等の災害時に、あらかじめ登録された医師、薬剤師、市職員と共に、横浜市防災計画に基づき「医療救護隊」として活動する看護職のことです。活動内容は、区内の避難所等で主に軽症者に対する応急医療を行います。


Yナース登録資格

横浜市に在住または在勤の保健師・助産師・看護師・准看護師の有資格者で、災害時に横浜市各区の地域防災拠点(指定された小・中学校)等で支援活動ができる方。(ただし、病院勤務等で、災害時に職場に参集することになっている方は原則として除きます。)

登録方法

登録申込票に必要事項をご記入のうえ、登録を希望する区福祉保健センター福祉保健課へ郵送もしくはご持参ください。申込票受付後、Yナース登録証をお渡しします。(郵送による申込の場合は後日郵便にてお送りします)
登録申込票(PDF:319KB)

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

栄区福祉保健センター福祉保健課

電話:045-894-6963

電話:045-894-6963

ファクス:045-895-1759

メールアドレス:sa-fukuho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:827-800-959

先頭に戻る