このページの先頭です

予防接種

最終更新日 2020年10月15日

予防接種を受ける前に

  1. 接種の記録をしますので、
    母子健康手帳と筆記用具をお持ちください。
  2. 当日は、受付前に必ず予診票を記入してお持ちください。
  3. 当日は、自宅で体温を測り、平熱であることを確かめ、少しでも体調が悪いときは延期しましょう。
  4. お子さんの健康状態をよく知っている保護者がお連れください。
  5. 次のようなお子さんは接種を受けられません。
    1. 熱がある、または下痢をしている。
    2. 急性の病気で薬を内服中である。
    3. ウィルス性疾患にかかった場合は、免疫状態の回復を考え、ある程度の間隔をあけて接種します。
      間隔については、病気の種類やかかった時の状態にもよるので、その時に受診した医師の意見をあらかじめ聞いておきましょう。
      標準的には、次のような間隔をあけて接種します。
      麻しん(はしか):治ってから4週間程度
      風しん、水痘(みずぼうそう)、おたふくかぜ:治ってから、2週~4週間
      突発性発疹、手足口病、伝染性紅斑、インフルエンザ等:治ってから、1週~2週間
  6. これまでに、今回受けようとしている予防接種によってアレルギー反応を起こしたことがある時は、事前にご相談ください。
  7. 接種後、まれに副反応がおきることがありますので、具合が悪くなったときはすぐに医師の診察を受け、健康づくり係に連絡してください。

協力医療機関で行う予防接種

  • 予診票(接種券)は、接種対象年齢前に、個別通知にて送付されます。
  • 予診票(接種券)をなくした場合などには健康づくり係(TEL:045-930-2357FAX:045-930-2355)でお受け取りください。その際、母子健康手帳、健康保険証をお持ちください。
  • 実施時期は通年です。

◆接種日時等については事前に各協力医療機関にお問い合わせください。
予防接種協力医療機関(健康福祉局のページ)

ワクチンの種類や接種対象年齢などについては、こちら(健康福祉局のページ)をご覧ください。

このページへのお問合せ

緑区福祉保健センター福祉保健課健康づくり係

電話:045-930-2357

電話:045-930-2357

ファクス:045-930-2355

メールアドレス:md-fukuho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:186-664-028

先頭に戻る