このページの先頭です

統計・調査

!「かたり調査」にご注意ください! 国勢調査等、行政機関が行う統計調査であるかのような、紛らわしい表示や説明をして、世帯等から個人情報等を詐取する「かたり調査」が全国的に発生しています。統計調査員は常に「調査員証」を携行しています。また、いきなり電話で調査内容を聞き出すことはありません。「かたり調査」と思われる電話を受けた場合は下記の港南区総務課統計選挙係お問合せにご連絡ください。

最終更新日 2021年3月24日

『経済センサス-活動調査2021』へのご協力をお願いします。

経済センサス

(上記画像をクリックすると、キャンペーンサイトにジャンプします。)
総務省と経済産業省は、令和3年6月1日現在で、「令和3年経済センサス‐活動調査」を実施します。全国のすべての事業所及び企業が対象になります。
皆様の調査へのご理解・ご回答をよろしくお願いします。
※ 回答いただいた内容は、統計法という法律により統計作成目的以外での使用が禁止されているなど、個人情報の取扱いに必要な制度上の規律が厳格に整備されています。

『国勢調査2020』にご協力いただき、ありがとうございました。

日本国内に住むすべての人と世帯を対象とした国勢調査にご協力いただきまして、ありがとうございました。
次回は5年後の令和7年度に行われます。よろしくお願いいたします。

過去の国勢調査

平成27年国勢調査結果速報(横浜市独自集計)が公表されました。
その他の国勢調査の結果については、「横浜市統計ポータルサイト」をご覧ください。
平成27年国勢調査についての詳細は総務省統計局のWebサイト(外部サイト)(外部サイト)をご覧ください。

その他の主な統計調査

国勢調査以外にも様々な統計調査を行っております。

統計調査員について

調査活動において実際に調査対象の方々を訪問して調査を行う人を統計調査員と言います。
それぞれ調査実施の都度、期間を定めて任命される非常勤公務員であり、調査活動中には必ず顔写真付きの「調査員証」を携帯しています。
統計調査員は、任命期間中公務員となるので守秘義務が発生します。よって調査活動により得られた情報を他人に話すなどの行為は禁止されています。
統計調査員の主な仕事は、調査対象の方々(世帯・事業所・企業・商店など)を訪問して調査票を配布するとともに、調査票に正しく記入をしていただけるように統計調査の趣旨や内容について説明を行い、後日記入をしていただいた調査票を回収することです。
横浜市では、常任統計調査員制度を設け、港南区では約50人の方が常任統計調査員として登録されています。常任統計調査員についてのお問合せは総務課統計選挙係までお願いします。

港南区の各データは下記リンク(横浜市統計情報ポータル)にございます。

このページへのお問合せ

港南区総務課統計選挙係(区役所5階56番窓口)

電話:045-847-8308

電話:045-847-8308

ファクス:045-841-7030

メールアドレス:kn-tosen@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:693-379-953

先頭に戻る