このページの先頭です

きれいな空気を吸っていますか?

最終更新日 2019年8月8日

きれいな空気を吸っていますか?

~冬は十分な換気をしましょう~

昔の木造住宅にくらべ、今の住宅は空気の入れかわりが少ない気密構造になっています。こうした住宅やマンションなどでは、自然に入れかわる空気の量はわずか。特にストーブなど暖房器具を使っていると窓を閉め切りがちで、空気は汚れていきます。そして、建材や家具などから揮発する化学物質がシックハウス症候群の原因になったり、ストーブなどの燃焼器具から発生する有毒ガスの濃度が高くなり、一酸化炭素中毒などが発生する危険もあります。
閉め切りをやめて、窓を時々あけましょう。できれば2か所以上あけると風の通りがよく効果的。冬は換気で健康管理を心がけてください。

主な汚染物質
1 浮遊粉じんたばこの煙やハウスダストは小さな粒子として、空気中をただよっています。たばこの煙には、発ガン性物質が含まれています。
2 一酸化炭素石油やガスなどを酸素が足りない状態で燃焼させると生成されます。極めて強い毒性があり、死亡事故も発生しています。
3 二酸化炭素人の呼吸や石油・ガスなどが燃焼することによって生成します。有毒性は低いですが、空気の汚れの目安にされます。
4 窒素酸化物石油やガスなどが燃焼すると生成します。慢性気管支炎などの要因になったり、ぜんそくを悪化させたりします。
5 化学物質
(VOC)
目・鼻・のどの痛み、皮膚炎、頭痛などを起こします。

このページへのお問合せ

戸塚区福祉保健センター生活衛生課環境衛生係

電話:045-866-8476

電話:045-866-8476

ファクス:045-866-2513

メールアドレス:to-eisei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:957-316-200

先頭に戻る