このページの先頭です

横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた戸塚区アクションプラン

最終更新日 2022年3月30日

 2025年までに地域包括ケアシステムを構築するため、区役所、区社会福祉協議会、地域ケアプラザ及び関係機関等が、区域における地域包括ケアシステムの目指す方向性を理解し共有することを目的として、平成30年3月に「横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた戸塚区行動指針」を策定しました。
 令和3年3月、「第8期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画・認知症施策推進計画」が策定されたことに伴い、区行動指針の内容を見直し、具体的な取組や目標値を盛り込むこと等から、「横浜型地域包括ケアシステムの構築に向けた戸塚区アクションプラン」へ名称を変更し、内容の改定を行いました。

地域包括ケアシステムとは

 「団塊の世代」が75歳以上となる2025年には、要介護認定者や認知症高齢者がさらに増えることが見込まれています。また、医療・介護従事者の人材不足や、社会保障費の急増が懸念され、これらの問題に対処することが喫緊の課題となっています。
こうした状況のなか、戸塚区では、高齢者がお住まいの地域で自分らしく暮らし続けることができるよう、「介護・医療・介護予防・生活支援・住まい」が切れ目なく提供される地域づくり(地域包括ケアシステムの構築)を推進しています。

戸塚区の取組

 高齢者の状態に応じて、地域の関係機関や区民の皆さんがそれぞれの役割を理解し、連携して対応することが必要であり、その仕組みづくりを進めることが「地域包括ケアシステム」を構築することになります。
 戸塚区では、下記について重点的に取り組んでいます。

  • 「介護予防」・・・いつまでも元気に過ごせるよう心身の健康の維持・向上のための取組
  • 「生活支援」・・・日常生活に困りごとを抱えている人を支援する取組
  • 「在宅医療・介護連携」・・・医療や介護が必要な状態になった際に支援する取組
  • 「認知症に対する取組」・・・認知症になった方や家族等を支援する取組
  • 「高齢者の権利擁護」・・・判断能力が低下した高齢者等の権利を守る取組

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

戸塚区福祉保健センター高齢・障害支援課高齢者支援担当

電話:045-866-8439

電話:045-866-8439

ファクス:045-881-1755

メールアドレス:to-koreisyogai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:759-687-943

先頭に戻る