このページの先頭です

市会と市長

最終更新日 2019年5月20日

横浜市民が安心して快適に暮らしていけるように、市政をどのように運営するかについては、市民の意見が十分に反映される必要があります。しかし市政の運営について、市民全員で話し合って決めることは難しいので、「市会議員」や「市長」を選挙で選び、それをゆだねています。
この制度のことを「二元代表制」といい、市会のことを「議決機関」、市長をはじめ、教育委員会、選挙管理委員会、人事委員会、農業委員会の各行政委員会及び監査委員を「執行機関」といいます。
市会と市長は独立・対等の立場で市政を担う「車の両輪」のような関係にあり、互いのけん制と調和により、公正な行政を確保し、市民の意思を尊重した、より良い市政の実現を目指しています。
市長は、予算案や市の法律ともいえる条例の案など、市政を運営する上で重要な事柄について法に基づき市会に提案します。市会はそれらについて審議し、議決します。市長はその議決に基づき、市政を運営します。
市会と市長の関係

このページへのお問合せ

議会局市会事務部秘書広報課

電話:045-671-3040

電話:045-671-3040

ファクス:045-681-7388

メールアドレス:gi-kouhou@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:188-256-048

先頭に戻る