このページの先頭です

都市計画マスタープラン瀬谷区プランについて

平成29年3月に改定しました!

最終更新日 2019年3月9日

都市計画マスタープラン瀬谷区プランを改定しました!(平成29年3月24日)

都市計画マスタープランとは、都市計画に関する基本的な方針であり、都市計画法第18条の2に基づいて定められています。
都市計画マスタープラン瀬谷区プラン(以下、「瀬谷区プラン」という。)は、おおむね20年後の瀬谷区の望ましい将来像を描くとともに、それを実現するためのまちづくりの基本的方針を示すものとして、区民との協働で平成17年12月に策定されました。

策定後約10年が経過し、この間に「横浜市基本構想(長期ビジョン)」が平成18年に策定され、それに伴い関連する分野別計画の策定・改定も進みました。
また、瀬谷区プランの前提となる「横浜市都市計画マスタープラン全体構想(以下、「全体構想」という。)」が、今後の本格的な人口減少社会の到来予測等の社会経済状況の変化に合わせ、平成25年3月に改定されました。

瀬谷区では人口減少や高齢化が進んでおり、また、平成27年6月に旧上瀬谷通信施設が米軍から返還されたことや、瀬谷駅南口市街地再開発事業の都市計画決定など、社会情勢やまちの状況も大きく変化しています。

こうした状況を踏まえ、平成17年に策定した瀬谷区プランを基本としつつ、平成29年3月に改定しました。

区プランの位置づけイメージ
瀬谷区プランの位置づけ

瀬谷区プラン【H29.3月改定】
全文

分割版

瀬谷区プラン【H29.3月改定】概要版

閲覧・配布場所について

瀬谷区区政推進課(区役所3階37番窓口)、市民情報センター(市庁舎1階)、区内各地区センター、都市整備局地域まちづくり課(市庁舎6階)で閲覧できます。
※瀬谷区区政推進課(区役所3階37番窓口)、市民情報センター(市庁舎1階)では冊子の配布も行っております。

改定までのプロセスについて

改定までの流れのイメージ

市民意見募集結果について

改定原案(意見募集期間:平成28年6月10日~30日)

改定素案(意見募集期間:平成28年1月12日~2月12日)

旧瀬谷区プラン(平成17年12月策定)について

下記よりpdfファイルでダウンロードできます。

市域全体のプランである「全体構想」、地域別のプランである「区プラン」、「地区プラン」を決定しています。

瀬谷区の時代の返還

瀬谷区の変遷を写真で確認できます。
瀬谷区の航空写真ページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

瀬谷区総務部区政推進課

電話:045-367-5635

電話:045-367-5635

ファクス:045-365-1170

メールアドレス:se-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:746-574-372

先頭に戻る