このページの先頭です

南区における災害医療体制について

最終更新日 2019年7月26日

「横浜市防災計画」が見直しされたことにより、平成25年度から区内8か所の地域医療救護拠点は廃止となり、災害時の医療体制は新しくなりました。

新たな災害医療体制では、被災をまぬがれた医療機関はいち早く診療体制を整えて診療を行うこととなります。また、医師、看護師、薬剤師等が南区休日急患診療所に参集して医療を行うほか、「医療救護隊」を編成し、被害状況等に応じて区内の地域防災拠点などで「巡回診療」を行います。

これに伴い、発災時に医療救護活動を支援していただける「Yナース」を募集しています。詳細はYナースについてをご覧ください。

関連PDF

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

南区福祉保健センター福祉保健課

電話:045-341-1181

電話:045-341-1181

ファクス:045-341-1189

メールアドレス:mn-fukuho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:735-180-638

先頭に戻る