このページの先頭です

磯子区版エンディングノート

最終更新日 2019年7月5日

磯子区版エンディングノート

磯子区版ノートは、書く人が今までの人生を振り返ること、今の自分自身を見つめなおすこと、これから先どのように生きていきたいのかを考えることで、「自分らしく生きる」ことに繫がる構成になっています。また、書いたご本人から、大切な人たちに向けて意思を伝えるメッセージになります。

エンディングノートはスターティングノートでもある

・元気な時から準備、計画し、自分の想いを周囲に伝えておくことが大切
・自分の考えや所持品を整理していくことで、今後の不安を解消

磯子区版ノートの特徴・構成

・自分自身が前向きに生きることと、大切な人に自分の想いを伝えられるノート構成になっています。
・15ページとコンパクト、チェック式なので書きやすい

エンディングノート表紙

エンディングノート 書き方講座について

映画「エンディングノート」上映会及びエンディングノート書き方講座同時開催
日時:令和元年7月25日(木曜日) 午後2時から午後4時30分まで(開場:午後1時30分)
会場:磯子公会堂(磯子区磯子三丁目5番1号) JR根岸線 磯子駅 下車徒歩5分
申込方法等:申込不要 先着500名
 ※ 当日、番号札をお配りし、定員になり次第締め切らせていただきますので、ご理解をお願いいたします。
お問合せ:磯子区高齢・障害支援課 高齢者支援担当  電話:045-750-2417

詳細はパンフレット(PDF:611KB)をご覧ください。
「エンディングノート書き方講座」では、映画の内容を踏まえて分かりやすくエンディングノートの書き方をご説明し、磯子区版エンディングノートを無料で差し上げます。

エンディングノートの配付について

磯子区版エンディングノートは、区民の皆様が書き方講座に参加いただいたときや、地域ケアプラザや区役所高齢・障害支援課で説明をさせていただいた後、無料でお渡ししています。
磯子区役所5階総合相談窓口
磯子区内地域ケアプラザ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

磯子区福祉保健センター高齢・障害支援課

電話:045-750-2417

電話:045-750-2417

ファクス:045-750-2540

メールアドレス:is-koreisyogai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:235-493-904

先頭に戻る