このページの先頭です

100の一歩

最終更新日 2022年6月29日

バス・地下鉄の運転、駅、車両保守など、市営交通の“現場”について、職員の目線から掘り下げてリポートします。私たちが100年間続けてきた一歩。そして未来を形作るための沢山の小さな一歩。こうした一歩一歩について、「100の一歩」として皆さまにお伝えします。

【NEW】 Vol. 64 燃料電池バスと行く、バス整備員の学校訪問説明会

横浜市営交通の取組とそこに込める思いを発信する“100の一歩”。
今回は、「燃料電池バスと行く、バス整備員の学校訪問説明会」です。
交通局人事課では、バス整備員を安定的に採用するため、県内の整備学校を中心に『訪問型』の就職説明会を実施しています。
令和3年度は、神奈川総合大学校と東部総合職業技術校を訪問しました。
説明会では、バスのタイヤやバッテリーなど、その重量感やスケールを間近に感じてもらうためバスを持参して説明します。整備学校のカリキュラムは乗用車整備の授業が中心のため、大型車両に触れることが少ないという実情もあり、バスを見ていただくことで、興味を持っていただくことが狙いです。持参するのは、燃料電池(FC)バス。横浜市が掲げるZero Carbon Yokohama施策の一環として、交通局も低炭素化に取り組んでいることもPRしました。

てこの原理で容易に扱える工具を説明する職員

まず、広い敷地を活かし、実際に乗り心地を体感してもらうため学生さんに乗車いただきます。
滝頭営業所のマスタードライバーによる滑らかな加速や振動の少ない運転に、『エンジンが静かで、変速時のショックが少ない!』と感嘆の声が挙がっていました。また、バス後方部のエンジンや排水についても見学してもらい、仕組みや構造について関心を高めていただきました。

FCバスの排水を見守る様子


さらに、大型車両の整備は部品の大半が重量物のため、ハードルが高い印象を感じている学生さんが多いことから、コンパクトで軽量化された工具類を持参して、実際に触っていただき、力の弱い方でも容易に扱えることを直接伝えています。
学生さん達からは、『公営企業ならではの視点で、環境に優しいバスを整備するというやりがいを感じた』という声や、『大型車両だからこそのスケール感が魅力』という声をいただきました。

てこの原理で容易に扱える工具を説明する職員

バックナンバー

■Vol.50~Vol.41 集約版(PDF:7,626KB)
vol.50 今日も地下鉄は走っている、vol.49 バス車内の混雑情報、配信中!、 vol.48 未来のお客様とともに、vol.47 相棒 地下鉄の保守用車両、 vol.46 車両基地を24時間見守る司令塔、 vol.45 駅助役の緊急任務~信号制御~ vol.44 地下鉄の電気を支える力持ち vol.43 ブルーラインの車両検査、 vol.42 TD車両の秘密、 vol.41 水害から駅を守る がご覧いただけます。

■Vol.40~Vol.31 集約版(PDF:6,729KB)
vol.40 ステーションアテンダント、vol.39 特別列車の運転、 vol.38 5,000項目の検査、vol.37 貸切バスも路線バスも、安全に快適に、 vol.36 サービスマイスターを目指して、 vol.35 初心忘るべからず vol.34 グリーンライン日吉駅に密着 vol.33 次の時代に向けて EVバス、 vol.32 チーム日吉で綺麗な駅を目指して、 vol.31軌道の清掃を行っています がご覧いただけます。

■Vol.30~Vol.21 集約版(PDF:16,013KB)
vol.30 マスタードライバーの誓い、vol.29 地域と一緒にバス停を整える、vol.28 お客様に寄り添った接遇を目指して、vol.27 技術のバトンリレー車輪を削る、vol.26 銀ラインに思いを込めて、vol.25 地下空間の空気環境も守ります、vol.24 ベイサイドブルーの一年点検、vol.23 駅のトイレを快適に! vol.22 広がる業務改善の輪、vol.21 心を届ける手作業 がご覧いただけます。

■Vol.20~Vol.11 集約版(PDF:5,781KB)
vol.20 一晩に1km、vol.19「あかいくつ」を安心してご利用いただくために、vol.18 ご満足いただける駅を目指して、vol.17 技術の襷(たすき)、 vol.16 ベイサイドブルー乗務員インタビュー、vol.15 地元小学生とのふれあいの場、vol.14 ベイサイドブルーの朝、vol.13 小さな安全を積み重ねるために、vol.12 バス乗務員の養成、vol.11 24時間地下鉄を見守り続ける目 がご覧いただけます。

■Vol.10~Vol.1 集約版(PDF:13,896KB)
vol.10 ブルーライン3本目のレール、vol.9 お客様のいつもどおりの一日を守る、vol.8 地下鉄運転士の一日の始まり、vol.7 高架下にいちご栽培のハウス出現!?、vol.6 お客様を守る小さなボタン、vol.5 地域の皆さんとつくるイルミネーションバス、vol.4 100周年カウントダウン、vol.3 1円玉の秘密、vol.2 二人乗りベビーカー、vol.1 指先に込める思いが ご覧いただけます。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

交通局総務部総務課

電話:045-671-3671

電話:045-671-3671

ファクス:045-322-3911

メールアドレス:kt-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:154-440-894

先頭に戻る