このページの先頭です

貸切バス ご利用案内

最終更新日 2020年6月1日

横浜市交通局の貸切バスは、【リムジン型・貸切専用車・あかいくつ・路線バス】からお選びいただけます!


貸切バスの種類、ご利用事例、よくあるご質問は以下のリンクからご参照ください。

ご利用料金

【貸切バスの運賃・料金について】
運賃・料金は「時間・キロ併用制運賃方式」を適用し、「時間制運賃」と「キロ制運賃」の合算により算出しています。
詳細な運賃・料金が知りたい場合には、担当までご連絡ください!
貸切バスの新料金についての説明図です。
※1「時間制運賃」には、実際にお客様にご乗車いただく時間の他に、出庫から帰庫までの回送時間も含まれます。走行時間の前後1時間に、「点呼・点検」のための時間を確保するよう規定されています。
※2「キロ制運賃」の走行キロとは、出庫から帰庫までの距離をいいます。

その他の注意事項

  • 走行時間は3時間が最小単位です。実際の走行時間が1時間の場合も、走行時間3時間と同じ扱いとなり、3時間分の時間制運賃が発生いたします。
  • 走行時間の端数は、30分未満は切り捨て、30分以上は1時間に切り上げます。
  • 走行距離の端数は、10km未満は10kmに切り上げます。
  • 割引の設定もございます。詳細はお問い合わせください。
  1. 学校割引:小学校の社会科見学での貸切バス使用など
  2. 福祉割引:障がい者施設の遠足での貸切バス使用など
  • 運送以外の経費は実費となり、お客様にご負担をお願いしております。実費の例としては、有料道路利用料・駐車場料金・乗務員宿泊代金などがあり、行程やご要望内容によって別途必要になります。
  • 「時間制運賃」「キロ制運賃」のほか、状況によって以下の料金がかかる場合もございます。
  1. 交代運転者配置料金:長距離・長時間の運行の場合
  2. 深夜早朝運行料金:深夜22時~早朝5時の間に走行や点検などの時間が発生した場合
  • バス車内で移動中に起きた事故をカバーする保険は貸切バス料金に含まれていますが、バスを降りた後、観光中などに起きた事故には適用されませんのでご注意ください。

お支払い方法

【当日現金】
運行日当日、乗務員に現金でお支払いただく方法です。乗務員が領収書をお持ちします。
恐れ入りますが、おつりの用意はございません。

【後日納入】
運行日の翌月中旬以降に、交通局発行の納入通知書(PDF:604KB)を郵送します。
この「納入通知書」を銀行にお持ちになり、お支払いください。
どの銀行でもお支払いいただけますが、横浜銀行・三菱UFJ銀行であれば手数料が無料です。

その他注意事項

  • 貸切バスのご予約は、運行日の2か月前の1日から承ります。1日が土日祝の場合、その月の最初の平日から予約を受け付けます。
  • 貸切バスの料金には、有料道路使用料・駐車料料金は含まれておりません。有料道路などを使用する場合は、当日、お客様に実費でお支払いいただきます。ご了承ください。
  • その他、貸切バスに関するご質問は「Q&A集(PDF:36KB)」をご覧ください。

お見積り・申込みの依頼はこちらから

貸切の希望日等が決まっている方は、横浜市営バス貸切見積り・申込みフォームから申込みが可能です。
お見積り・申込みはこちらから

一般貸切旅客自動車運送事業運送約款

貸切バスのお申込みの前に、必ず運送約款をご一読ください。
一般貸切旅客自動車運送事業運送約款(PDF:185KB)

お申込み・お問い合わせ

横浜市交通局自動車本部営業課貸切バス担当

電話:045-671-3191

FAX:045-322-3912

メール:kt-kashikiri@city.yokohama.jp

電話での受付時間は、
【平日8:45~12:00,13:00~17:00】です。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

そのほか、土・日、祝祭日及び年末年始は休庁につき、受付は承っておりません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

前のページに戻る

ページID:944-764-110

先頭に戻る