このページの先頭です

都筑区まちづくりプラン

最終更新日 2019年1月21日

都市計画マスタープラン・都筑区プランを改定します

都市計画マスタープランとは、都市計画法に基づく「都市計画に関する基本的な方針」です。横浜市都市計画マスタープランの構成は「全体構想」と「地域別構想」が基本となっており、地域別構想として「区プラン」が設けられています。
区プランは、市民に近い行政単位である区の将来像を示すとともに、市民との協働でまちづくりを進めていくうえでの基本方針を示します。全体構想に記載される横浜市全体の都市計画の指針としての内容を踏まえ、区の将来像やまちづくりの方針、区ごとの土地利用の方針等について、必要な事項を記載するものです。
平成14年度に現行の区プランが策定されてから約10年経過しており、社会経済状況の変化や平成24年度に行われた横浜市域全体の「横浜市都市計画マスタープラン全体構想」の改定、各分野別計画等の改定等を踏まえ、見直しを行います。

策定プロセス


※「都市計画」とは、都市づくりやまちづくりが目指す、まちの在り方を具体化するために土地利用を規制・誘導することや、道路や公園などの基盤施設としてまちづくりに必要な事項を定めることにより、都市の健全な発展と秩序ある整備を図るものです。
※「都市づくり」や「まちづくり」は、市民の生活全般に関わって、自分たちの都市やまちをより良いものにしていくための市民、事業者及び行政の取組です。

改定方針

【改定の程度】

現行の区プランの目標や方針は基本的には継承するものの、単なる時点修正だけでなく、全体構想に合わせたテーマ別まちづくり方針の構成の組み換え、上位計画・分野別計画に基づく新たな方針の追加、分野別計画と重複する内容の削除など、比較的大規模な改定を行う。

【改定のポイント】

(1)現行の区プラン策定後、地域福祉保健計画やこども・青少年育成計画など都市計画と関連する分野の計画も充実してきた。→本来の都市計画の方針としての内容に重点を置く。

(2「まちづくりの推進」の「地区プランの策定」部分については、地区プランが都市計画の方針を示すものであり、掲載地区のまちづくりの推進に地区プランの策定が必要かどうかは今後の検討次第である。→「まちづくり重点検討地区」等に変える。

(3)現況と課題の整理がやや簡略→重要な課題についてはデータ等を示しながら説明を充実させる。

【その他ポイント】

テーマ別まちづくり方針のテーマの名称は全体構想に合わせるが、テーマの並べ方については現行の区プランの順序をできるだけ尊重して構成を検討する。

●テーマ別まちづくりの方針(案)

・都市環境の方針
・都市防災の方針
・土地利用の方針
・都市活力の方針
・都市交通の方針
・都市の魅力の方針

現行の区プランについて

○まちづくりの目標と将来像
まちづくりの目標と将来のまちの構成と骨格


○テーマ別まちづくりの方針
1.みどりと水の環境づくり
2.安全で安心できるまちづくり
3.バランスの取れた土地利用の実現と都市機能の充実
4.交通体系の整備
5.福祉の充実
6.子育て環境の充実
7.区民が交流する環境づくり
8.情報通信の手段を生かすまちづくり
9.区民のまちづくりへの参加促進
10.都筑らしい文化の醸成

○まちづくりの推進
1.まちづくりの推進状況
2.地区プランの策定
3.まちづくりの推進に向けて

都筑区まちづくりプラン策定の経緯

都筑区のホームページへ

横浜市都市計画マスタープランのホームページへ


このページへのお問合せ

都筑区区政推進課企画調整係

電話:045-948-2225045-948-2226

電話:045-948-2225045-948-2226

ファクス:045-948-2399

メールアドレス:tz-plan@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:176-661-686

先頭に戻る