このページの先頭です

動画で配信!「都筑区認知症フォーラム」

都筑区では、認知症への理解を深めていただくことを目的に、毎年認知症フォーラムを開催しています。令和2年度の認知症フォーラムは、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、例年の講演会ではなく、動画と講演内容の資料を配信します。ぜひ、ご覧いただき、アンケートへご協力をお願いします。

最終更新日 2020年10月8日

第12回都筑区認知症フォーラム

今、認知症になってからの生き方・支えあい方が大きく変わり始めています。
認知症になっても、「希望」を持って日常生活を過ごせる社会とは、どんな社会なのでしょうか。
一人ひとりが、そして地域全体が、考え方の大転換を求められています。

詳細

・配信期間:令和2年9月18日(金曜日)から令和2年12月28日(月曜日)
・講師:認知症介護研究・研修東京センター 永田 久美子 氏
・テーマ:「新しい生活様式の中でも、認知症になってからも暮らしやすいまちづくり」
※本ページにて配信します。

アンケート

一部分でも動画をご覧いただきましたら、ぜひ、アンケートにご協力をお願いします。
区民・市民の皆さまはもちろん、行政の関係機関、支援者の皆さま、横浜市の遠くにお住まいの皆さま等、ご覧いただいたすべての皆さまに、ぜひご協力いただきたく、どうぞよろしくお願いします。

第1部 講演 「新しい生活様式の中でも、認知症になってからも暮らしやすいまちを、                   一緒につくっていこう!」

講師:認知症介護研究・研修東京センター 永田 久美子 氏
※第1部は、3本の動画に分かれています。ご興味のあるところから、ご視聴いただくことができます。

1:新しい考え方で、生き方・支え方をチェンジ! ~今、大きな転換期~ 【約26分】

2:新しい制度やサービスを知って、日々に活かそう! ~「認知症施策推進大綱」の目指すもの~ 【約30分】

3:本人の声を聴き、暮らしやすいまちを一緒につくろう! ~暮らしやすいまちづくりの鍵~ 【約40分】

第2部 横浜市都筑区の取り組み 【11分38秒】

自分や家族が認知症?と思った時の相談先や、地域の取り組みを紹介します。また、都筑区で活動している認知症サポート連絡会の活動や思いについてもまとめました。

 関連制度等リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都筑区福祉保健センター高齢・障害支援課

電話:045-948-2306

電話:045-948-2306

ファクス:045-948-2490

メールアドレス:tz-koreisyogai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:610-469-880

先頭に戻る