このページの先頭です

新年度にあたって

区長二年目に入りました

最終更新日 2019年4月4日

皆さんこんにちは、鶴見区長の森です。
平成30年4月1日に鶴見区長に就任し、あっという間に1年が経ちました。
地域の皆さま、各機関・団体、企業の皆さま、鶴見区の職員など多くの方に支えられて充実した日々を過ごさせましたこと、この場をお借りいたしまして御礼を申し上げます。
二年目の今年度は、さらに多くの方と交流ができるように積極的に活動してまいります。

さて、4月1日に新元号が「令和」と発表されました。
いよいよ平成も終わりますね。

ここで改元に伴う豆知識!
5月1日の改元に伴う事務文書の取り扱いについて、行政のルールをご紹介いたします。
といってもこの3点です。
・4月1日から4月30日までに作成する文書では、5月1日以降を指し示す場合でも「平成」を使用します。
・5月1日以降に作成する文書では、改元日以降を指し示す場合は「令和」を使用します。
・会計年度は、5月1日以降は年度全体を通じて「令和元年度」とします。
なお、上記取扱いは「原則として」とあります。改元によって混乱が生じないよう区民の皆さまからいただく届出や申請書類では、5月1日以降に「平成31年」として提出されても有効なものとしてお取り扱いいたしますのでご心配なさらないでくださいね。

何となくご理解いただけましたでしょうか?
昭和35年生まれの私は、昭和と平成をほぼ半々くらい過ごしてきましたのでどちらの元号にもさまざまな思い出が重なっています。
さてさて、「令和」はどのような時代になるのでしょうか?
さらに明るい社会にしていきたいですね。

鶴見区の職員の方が「新入生ワッくん」の衣装を手作りしてくれました。
私も一年生の時の気持ちを忘れずにいたいと思います。

ワッくんの画像
新入生ワッくん

平成31年4月 鶴見区長 森健二


このページへのお問合せ

鶴見区総務部区政推進課

電話:045-510-1680

電話:045-510-1680

ファクス:045-510-1891

メールアドレス:tr-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:780-859-333

先頭に戻る